2015年10月12日

観光マネジメント2 第3回

 今日から教科書では第8章「宿泊産業」に入ります。来週と2回でホテル・旅館ビジネスについて学びます。

まずは、授業でも紹介する情報です。
1.参考ウェブ(チェック中↓)
ホテルコンシエルジュ(TBS)
東京ホテルランキング 
高級ホテル東京ベスト25+α
シルクロードの隊商宿
キャラバンサライ(ウィキペディア)
ウォルドルフ・アストリアホテル(ウィキペディア)
・ウォルドルフ=アストリア(日本語版)
Ritz Paris
ザ・リッツ・カールトン東京
・   〃     (ウィキペディア
ヒルトンホテルズ&リゾーツ
スターウッドホテル&リゾートストーリー (シェラトンも含まれる)
クラシックホテル(ウィキペディア)
富士屋ホテル
ホテルニューグランド
帝国ホテル
築地ホテル館(中央区のまちづくりより)
東京築地ホテル館表掛之図より  
旅館業法
国際観光ホテル整備法登録ホテル
日本旅館連盟
日本ホテル協会
全国公共宿泊施設一覧
ホテルの職種・仕事
箱根富士屋ホテル物語
ホテル業界就職ガイドブック2016 
ホテルブランド物語(寺田直子)

2.配布資料
2015観光マネジメント2 第3回(配布).pdf
2015観光マネジメント2 第3回資料@.pdf

3.ミニッツカード
はじめに質問です。
Q1:世界で一番評価の高いホテルはどこですか。
A1:評価というのは主観ですから、難しいですよね。一流のサービスをする歴史あるホテル。素晴らしい景色のあるリゾートホテル。間あげ方次第です。著名なホテルという意味ではいろいろあると思います。以下なども参考に。
世界のホテルランキング
泊まってみたい世界の超級ホテル
Q2:先生のおすすめのホテルはどこですか。
A2:他にも質問がありましたが、今日紹介したホテルでも行ったことがないところは結構あります。ましてや世界のホテルなんて、ほんの一握りしか知りません。ただ、ラスベガスのホテルって、テーマ型ホテルと言われていて、縦桃や建物やアトラクションが、個性的で素晴らしいエンターテイメントも有り、どれも泊まりたいなと思っています。ラスベガスのエンターテイメントは上級生の授業でやります。面白いと思います。
ラスベガスの人気ホテル
Q3:なぜ、ラグジュアリーホテルがインバウンドから人気なのですか?
A3:外国人にもバックパッカーなど多いですし、人それぞれですよ。ただ、アメリカのエグゼクティブ(富裕層)は、けた違いなので、非常に高額なホテル消費をする文化がありますね。ブランドに対する信頼感もあるのでしょう。
Q4:アメリカには「モーテル」がたくさんありますが、なぜ日本にはないのですか。
A4:何よりアメリカが高大な国で、「車社会」であることでしょう。また観光のスタイルや文化も違います。そういう中で、アメリカのスタイルと日本のビジネスホテルという文化があるのだと感じます。
Q5:ホテル内では、どのような仕事があるのか知りたいです。
A5:上記で紹介しているサイトもご覧ください。
Q6:ホテルの仕事の給料ってどれぐらいもらえるのですか?あまり高いイメージはありません。
A6:ピンキリじゃないでしょうか。ただ、確かにもっともらって良い期はします。サービスはただ、という感じが日本には強いですよね。良いサービスは高価格である、そうなるといいですね。
Q7:いつから三つ星など、星が着くようになったのですか。
A7:ミシュランの星は来週触れる予定です。ひとまず以下を見ておきましょう。
フランスホテルの格付け
Q8:桜木町に「ホテルニューオータニイン」というのがありますが、これはビジネスホテルかシティホテルか、どちらですか。
A8:どちらかと言えば、ビジネスホテルですね。ニューオータニホテルにも色々なカテゴリーがあります。
「イン」が着くのは、ビジネスホテル仕様である場合が多いです。
ホテルニューオータニグループ
Q9:経営上の理由で、ホテルを買うと聞きましたが、どういう意味があるのですか。
A9:来週、学びますが、簡単に言うと、投資です。その土地のブランド価値が上がり、多様な収入源として、ビジネスチャンスも生まれます。
Q10:リッツホテルとリッツカールトンホテルは違うホテルなのですか。
A10:歴史的に関わりはありますが、現在は基本的には別物です。わかりやすいサイトがないので以下を見ましょう。
オテルリッツ(ウィキペディア)
そしてコメントです。
C1:ホテルニューグランドって、横浜の身近に魅力的なホテルがあるんですね。今度ランチを食べに行ってみたいです。
C2:よくゲームで、セーブ(回復・宿泊)する場所が寺院だったのですが、宿の歴史を学んで理解出来ました。観光の授業を受けていると、自分の生活の身近なところにいろいろと理由があったんだなと気づきます。
C3:ホテルにも本当にいろいろとあるんですね。色々なタイプのホテルに泊まってみたいと思います。
C4:資料がたくさんあってとてもわかりやすかったです。資料があると、わかりやすくて、単語の意味が伝わってきます。ビデオなどの視聴覚教材も、イメージしやすく楽しいです。
C5:第1次、第2次、第3次ホテルなどの違いがわからなかったです。
→ホテルラッシュが起こった時期の違いです。またその後第4,5,6...と現在まで続きます。
C6:ゼミで色々なホテルを見学しているのはいいなと思いました。ぜひ実際に色々な客室や施設を見てみたいです。
C7:現代のホテルの様式が確立されたのは、意外と最近で驚きました。ホテルもただサービスでなく、地域との関わり、文化として、色々な観点で学ぶと面白いと思いました。
C8:ホテルは、ただ泊まる場所でなく、楽しむ場所でもあることがわかりました。
C9:中国を観光したときに、やはりホテルのサービスが一番良かったです。接客態度は素晴らしかったです。
C10:学生向けの格安ホテルなどを知りたいと思いました。→調べてみよう。
posted by shodaikun at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

観光マネジメント2 第2回

 観光マネジメント2,第2回目になります。
 今回は、前回に引き続き、旅行業について学びます。

1.参照Web
旅行業法(観光庁)
日本旅行業協会(JATA)
全国旅行業協会(ANTA)
日本添乗サービス協会
日本海外ツアーオペレーター協会
添乗員になりたい方へ
旅行業の申請・届出について(JATA)
JTBの標識、約款など
JATAボンド保証金制度について(JATA)
地域限定旅行業とは
観光圏内限定旅行業者代理業
ニューツーリズム(着地型観光のススメ)(観光庁)
JTBグループ求人サイト

 また最後にJTBを事例としたDVDをダイジェストで見ました。
カンブリア宮殿 新しい旅を切り開け

2.配付資料
・観光マネジメント2 第2回(配布)

3.ミニッツカード
まずは質問です。
Q1:旅行会社は、色々なリスクがあると思うが、なぜこんなにも会社数が多いのですか。
A1:旅行会社は、営業保証金など、ある程度のお金は必要でもその額も小さく、そして、施設設備の投資が少なく、少数で手軽にはじめられるからです。
Q2:同じ系列の旅行会社でも、都市部と地方では給与などは違うのですか。
A2:違います。それも分社化のメリットです。会社ごとに実情に合った給与・待遇にすることで、コストを削減し、利益を上げられるのです。
Q3:旅行本を作る仕事に興味がありますが、その仕事も旅行会社の仕事内容にありますか(出版社ですか?)。
A3:旅行会社内で、作ることもありますので、それは旅行業ですね。ただ、分社化して、例えば、「るるぶ」のように、出版社として旅のガイドブックを扱う場合は、厳密には出版の仕事ですね。
JTBパブリッシング
Q4:海外の旅行会社も日本と同じような感じですか。
A4:仕組みは基本的にそう変わりません。ただ、国によっては、位置づけや業務の内容、待遇などは異なります。
Q5:ツアコンは、国家試験より簡単と話していましたが、旅行業務取扱の資格はいらないのですか。
A5:添乗をするだけならいりません。旅行業務取扱管理者は、基本的には以下の業務をするためのものです。
旅行業務取扱管理者
旅程管理主任
Q6:1万社近く旅行会社があるのに、大きな数社しか知りませんでした。それって、数社が市場を独占していると言うことですか。
A6:そうですね。圧倒的に多い会社が、多くの売り上げを占めているので、ある意味では寡占状態ですね。ただ、多くの旅行会社がありますし、競争は自由なので、実際には寡占とは言わないかな。
Q7:世界遺産検定を受けて見ようと思います。この資格を持っているとメリットはありますか。
A7:旅の知識があることになりますので、カウンター業務・企画にも有効です。そして、なかなかユニークな資格なので、就職試験などでは、結構興味を持たれると思います。

そしてコメントです。
C1:Rikkaおきなわ、初めて知りました。これがあれば、行く場所困りませんね。
リッカドッカ
 →より発展していましたね。
C2:ビデオを見ながら、学ぶことで確認出来たり、具体的に理解出来るので、とてもわかりやすいです。ビデオとても面白かったです。最後にみたビデオで、旅行会社にとても興味を持ちました。感想多数。
C3:先生、少し早口です。もう少しゆっくりと授業を進めて欲しいです。→つい、色々伝えたくて、欲張っちゃうからかな。気をつけます。m(_ _)m
C4:第三種旅行業と地域限定の旅行会社が地域のネットワークを活用して、企画することで地域活性化につながると考えました。→良い気づきだね。
C5:JTBの「正面玄関は、お客様のもの」という考えに感動しました。社長さんはすごいと思いました。
C6:旅行と聞くと楽しいイメージで、旅行会社もそう思っていましたが、法律や規則、安全性の追求など、実は色々なことを考えて仕事をしているんですね。案外大変です。
C7:旅行や旅行会社、その取り組みや商品は、とても深化していて驚きました。旅行業の仕事って奥が深いですね。
C8:具体的な観光ビジネス、旅行の仕事などを知ることが出来て楽しいです。
C9:この授業を受けると、とても旅行に行きたくなりますね。それも旅の魅力なんですね。
C10:後ろの席に人たちが、とてもうるさいです。→そうだね。次回、皆の声も届けましょう。
posted by shodaikun at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

観光マネジメント2 第1回

 観光マネジメント2がスタートです。この授業は、1年生の観光マネジメント学科は必修、他学科は選択科目です。また2年生以上は、貿易・観光学科のみの選択科目「観光事業論U」として開講しています。
 前期の観光マネジメント1(観光事業論T)に続いてぜひ履修してください。
 後期は、観光ビジネスを中心に学んでいきます。授業が2回ほど少なく、かつ講演会も入るので、初回から講義内容に入っていきます。

1.参照Web
JATA
ツーリズムEXPOジャパン 
JTBグループ  
グループ企業一覧
HIS
楽天トラベル
JTBフリープラン
JALダイナミックパッケージ
ANAツアー 7つのポイント
JTBロイヤルロード銀座
LCC比較(Travel.jp)
バニラエア

2.配付資料(前期同様パスワード設定です)

2015観光マネジメント2第1回.pdf

3.ミニッツカード
まずは質問コーナーです。
Q1:フリープランとダイナミックパッケージの違いがよくわかりません。
A1:確かに区別しにくい点もありますね。フリープランがカタログ等を中心とした、交通・宿を中心とした自由なパッケージですが、それをWEB上で買うことも出来ます。一方、ダイナミックパッケージは、WEBのみでの販売で有り、その選択肢がフリープランよりは広く、自由度も高いといえます。
Q2:いろいろな旅行会社のタイプがありますが、どのメリットを重視して選べば一番良いのでしょうか。
A2:ケースバイケースですね。目的は何か、誰と行くか、どこに行くかも寄りますね。選ぶことは難しいですが、選択肢があると言うことは、旅行者にはメリットですね。
Q3:学生旅行に強い旅行会社、例えばどこがありますか。
A3:多くの旅行会社が出しています。やはり大手は販売網が多様なので、強いですね。一方、合宿や卒業旅行など、学生向けに頑張っている中小の旅行会社もあります。地球の歩き方(ダイヤモンドビック社)などは、代表例ですね。以下参考に。
学生向け旅行プランサイトまとめ
Q4:楽天トラベルの手数料問題って、どういうことですか。
A4:ちょっと難しいと思いますが,要するに旅館などの負担を大きくしたことを一方的に通知してきたことから始まります。
観光経済新聞
Q5:ミニッツカードで発展的コメントをした場合は、講義で解説してくれるのですか。
A5:基本的にこのブログで紹介しますが、もちろんコメントや関連した部分で、授業でも取り上げます。
Q6:新しいメディア方法で、旅行業が不要になっていく危険性があるのに、大手旅行会社がWEB販売をするのはなぜですか。
A6:やはり無視できなくなっているからです。大きなマーケットである以上、大手としてもその売り上げは追求するしかないのです。
Q7:代売と代理店販売は、同じですか。
A7:代売とは、代わりに売るという行為を意味します。代理店販売は、旅行だけでなく、保険やその他色々な業務を代理してもうける企業体で有り、そこで行われることが代理店販売です。
Q8:旅行会社と旅行代理店は、どのように違いますか。
A8:来週やりますが、旅行会社は、ツアーを作ったり多様な旅行ビジネスを行えます。代理店販売は、出来上がった旅行商品を代理で販売することが主となる形態です。
Q9:後期のレポートはどのようなものを考えていますか。
A9:これから考えますが、ちょっと学外での活動を伴うものにしたいですね。と言っても、それほど底辺にならないような、それでいて面白いものを考えてみます。
Q10:先生はパッケージツアーを利用しますか。どこに行ったときが一番充実していましたか。
A10:最近は全く使いませんね。充実した旅行はたくさんありますね。ゼミ合宿などは毎回面白いです。パッケージでは、ロンドン・パリへハネムーンで行ったときは、利用しました。やはりもろもろ手続きが楽ですから。
Q11:円安と円高が、混乱して覚えられません。コツはありますか。
A11:図で書いてみると結構わかりますよ。また日本の円を中心に、例えばドル、例えばユーロなど外貨との関係を、どちらかに絞り込んでみると理解しやすいかも。以下も参考に。
円高マンガで学ぶ
Q12:世界遺産検定とは、どのようなものですか。気になります。
A12:以下のサイトを見て下さい。
世界遺産検定

Q13:夜景検定に興味を持ちました。どんな検定でしょうか。
A13:以下のサイトを見て下さい。
夜景鑑賞士検定
 この検定の主催者、夜景評論家の丸々さんは知り合いで、大学の講義に来て頂いたこともあります。

そしてコメントです。
C1:とてもわかりやすいイントロダクションでした。文字だけでなく、画像なども見て学ぶと理解できます。前期同様お願いします。
C2:夜景検定に興味を持ちました。きれいな夜景が好きなので、色々なところを知りたいです。前期の成績を上回れるように頑張りたいです。
C3:観光マネジメントは、前期は履修しなかったのですが、面白そうです。前期も取れば良かったです。
C4:旅行業は手数料商売ですが、実際のツアーは安さが魅力ですから、それほど収入はない気がします。
C5:世界遺産検定、後期は受けてみたいです。
C6:後期もしっかりと勉強をして、良い成績を取りたいです。

 初回の授業でしたが、前期より多い136名が出席しました。他学科の学生も多いです。
 観光を学ぶ楽しさ、将来性をぜひお伝えしたいと思います。

posted by shodaikun at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。