2016年01月27日

観光マネジメント2 後期期末試験情報

観光マネジメント2の後期試験は以下の通り実施します。

1.実施日・場所
・2016年1月26日(火)2限に132教室で実施*教室が変更になっています。

2.試験情報
(1)教科書・授業プリント・資料等は持ち込み出来ません。
(2)教科書(7-13章)・授業プリントから全て出ます。特に( )のキーワードが重要です。もちろん、その他の関連事項も出ます。
(3)問題構成は、以下の3タイプです。
@選択キーワード問題は、語群から適する解答を選びます。プリントの(  )内のキーワード(用語)から出します。25題程度を予定しています。(50点)
A記述問題4題:重要なキーワードについて、その意味を説明する問題です。(20点)
B論述問題2題程度 あるテーマについて、自分の考えを述べてもらう問題です。
→1題:授業中に発表しています。
もう1題は、提示した2題から1つを選択してもらう予定です。(各15点→30点)
(4)評価:レポート20点(〜25点)+試験60点+ミニッツカード20(〜30)点

3.試験最新情報 (掲載は終了しました)

※試験は無事終了しました。

2月末頃に、試験の総評等を記載します。
春休みもぜひご覧ください。


posted by shodaikun at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

観光マネジメント2 第14回

 観光マーケティングの第2回です。
1.参照Web
美しき日本(日本交通公社)
鉄宿プラン
ユニークな宿(るるぶ)
鉄道博物館
栗橋みなみ実行委員会

鉄道むすめ
マーケティング用語集

マーケティング基礎用語集

配付資料の補足です。
観光庁若旅表彰
・リクルート マジ部とは
TABIPPO
日本学生観光連盟


 最後にDVDを見ます。
 ・サンデーフロントライン 「鉄男&鉄子が日本を救う」


2.配付資料
2015観光マネジメント2 第14回(配布).pdf

3.ミニッツカード
まずは、質問です。
Q1:観光資源の特A級のものは、日本にいくつぐらいあるのですか。神奈川のものもありますか。
A1:これは、資源台帳を見ないと正確にはわかりません。ここでは、そのような評価法があることを理解してください。ネットでもなかなか見つかりませんね。上記で紹介したものなど図書館で探してみてください。m(_ _)m
Q2:なぜ、ディズニーランドのホテルはいつも満室なのですか。
A2::当然、ディズニーランド等の魅力ある施設に来て、泊まりたい人が、部屋数より多いからです。もちろん、パークへの近さもありますが、それ以上に他のホテルには変えられない魅力を持っているからですね。
Q3:観光資源の評価を決めるのに、専門家達だけでなく、一般の人たちの声はなぜ聞かないのですか。
A3:この調査は、専門家による評価を活用するという狙いがあるからでしょう。他にも温泉、宿など利用者が選ぶ人気ランキングは色々ありますよね。また、インターネット、SNSの普及で、一般の利用者の声が色々と参考になってきているとは言えます。
Q4:観光資源の評価ですが、地方レベルで評価されると言うことは、いずれ全国的に有名になるのではないでしょうか。
A4:それは少し違いますね。やはりアクセスが大事なので、近くだから行くという資源もあります。それは、近くから来てもらえますが、わざわざ遠くからは来ないのです。
Q5:今回のスキーバスの事故を受けて、国はどのような対応をしますか。観光業界は対策を立てますか。
A5:バス事故については、すでに事故あるごとに国の調査、法律よる規制強化は行われています。そのことにより、さらに厳しい状況になって、事故が起こったのだという指摘もありますが。具体的には色々と新聞やニュースで報じられている通りです。
Q6:私はずっと静岡から見ていたので、静岡から見る富士山が好きです。先生はどちらが好きですか。
A6:こういう議論は、あちこちでありますよね。正解はないでしょう。個人的には、やはり静岡側かな。でも、これは見慣れた風景を好むという傾向もありますよね。
Q7:今回のスキーツアーバスの事件を受けて、どのような点に注意すれば良いのですか。
A7:学生にしてみれば、安いものを選ぶなと言うのは難しいですよね。バス会社の規模、実績、各種団体や基準をクリアしている会社、もちろん指標はあるでしょう。でも、なかなかそれらをクリアしたところで、安全とは言えません。事故というものは、いつどこでも起こりうるものですし、何が原因かはその都度異なり、単純ではありません。ただ、言えるとすれば、今回の件も「シートベルト着用」は、出来たことなのでしょう。現実的には、難しい問題です。
Q8:ホテルのランチは、なぜ安く設定しているのですか。
A8:どのビジネスにもあることですが、利益を多少犠牲にしても、足を運んでもらい、おいしさ、魅力を知ってもらうための方策でしょう。またメニューやサービスを絞り込むことで値段を下げているとも言えます。
Q9:鉄道ファンは、鉄道のどこに魅力を感じているのでしょうか。
A9:人それぞれでしょうね。ただ、良く言われるのは、乗ることを楽しむ「乗り鉄」、写真などを撮ることが好きな「撮り鉄」。また列車の車体が好きだったり、駅弁が好きだったり、駅舎が好きだったり、いろいろですね。
Q10:前期は、章末テストの範囲が入っていましたが、後期はどうなりますか。
A10:後期は、あまり良い問題がないので、特に対象としません。試験情報は、予告通りブログでもヒント載せます。

そしてコメントです。
C1:観光資源でも、1度訪れたときに関心がなかったものでも、月日が経つと風情を感じたり、同じ見方にならないので面白いと思いました。教養があると観光が面白くなる,納得しました。
C2:先週と今週で、マーケティングについて学びました。難しいと思いますが、どうしたらお客さんに来てもらえるかを考えることは、楽しく、やり甲斐があると思います。
C3:私は後期から「観光マネジメント2」を履修しましたが、とても楽しい授業でした。最近はあまり旅行に行きませんが、毎回色々な話を聞いて、行ってみたいと思うようになりました。
C4:私は観光について、ほとんど知識がないままこの授業を取りましたが、授業を通して関心を持つことが出来るようになりました。まだどのような仕事に就くのか模索中ですが、違った視点で学べて良かったです。
C5:鉄道ファンではありませんが、鉄道博物館に行ってみたいと思いました。
C6:アニメ、鉄道むすめなどを使った町おこしは面白いですね。
C7:「旅行でも知識が試される」ようなお話しでしたが、何だか嫌だなあと思いました。
→まあねえ。でも、「知識があればより楽しめる」と考えることは正しい思いますよ。
posted by shodaikun at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

観光マネジメント2 第12回

 第12回目は、第12章「観光政策と観光行政」です。

1.参照Web
観光基本法
観光立国推進基本法
観光立国推進基本計画
観光庁
観光立国実現に向けたアクションプログラム2015
観光白書
日本政府観光局(JNTO)
日本観光振興協会
国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センタ−
MICE(観光庁)
MICE(PRINCE TOKYO MICE CITY)
神奈川県産業労働局観光部観光企画課
神奈川県産業労働局観光部国際観光課
横浜市文化観光局
横浜観光コンベンション・ビューロー
北方領土対策本部(内閣府)
北方領土への修学旅行等の調査関連(平成23-24年度)
観光庁「今しか出来ない旅がある」若者旅行を応援する取組事例集(日本学生観光連盟も受賞)
日本学生観光連盟

2.配付資料
2015観光マネジメント2 第12回(配布).pdf

3.ミニッツカード
はじめに質問です。
Q1:これまでも継続的に観光の政策はあったはずなのに、どうしてこのところ急にインバウンドが増加しているのですか。
A1:急ではありませんよ。2000年以降、観光立国に向けてビザ発給の緩和・各種プロモーションなど、色々な取り組みをしてきた成果です。きちんとお金をかけ、制度を考えることで、集客できているのです。
Q2:各都道府県の観光予算は、国から配布されるのですか。
A2:基本的には地域の施策は、地域の予算がもとになります。ただ、国の事業として公募して、地域の取り組みを支援する仕組みもあります。
Q3:北方領土と観光のつながりが、今ひとつわかりませんでした。
A3:学習をする目的の教育旅行などで、重要な素材として価値があると考えられます。広い意味で、観光魅力につながる資源でもあると言うことですね。
Q4:北方領土に関係する施設にはどのようなものがありますか。
A4:色々あります。以下を参考にしてみてください。
北海道根室市の北方領土関連施設
啓発施設
Q5:2020年オリンピックに向けて、一番重要な観光政策は何だと思いますか。
A5:たくさんありますね。ただ、おそらく宿が足りなくなることから、民泊の制度改革(特区含む)など、増加する観光客受け入れに対応できる仕組み作りと制度が必要です。
Q6:NTAとNTOの違いがよくわかりませんでした。前者が地域単位、後者が国単位と言うことでいいですか。
A6:それは違います。NTAとは、行政として政策立案を主とする国や県などの観光組織、NTOは、それを受けてプロモーションや実際の各種事業を行う宣伝舞台・実行部隊です。
Q7:今度、石川県の「加賀屋」に泊まるのですが、ここって高いところですか、安いところですか。
A7:それは素晴らしい。一流旅館です。ホスピタリティも素晴らしく、観光の世界では誰もが知っている施設です。みなさんにもお知らせします。
和倉温泉加賀屋
Q8:喜賓会が、よくわかりませんでした。
A8:前期の歴史編でも出て来ました。以下ご覧下さい。
喜賓会からJTBへ
Q9:前期の内容も後期のテストに出しますか。
A9:基本的には出ません。ただ、関連して後期の授業でも取り上げていれば、出る可能性はあります。
Q10:確かに神奈川県より横浜市の方がブランドイメージが良いですね。横浜って、みなとみらいとか、昔からおしゃれなイメージだったのですか。
A10:山下公園、山手エリアも含めて外国ムードが漂うおしゃれさはありました。私の大学生時代も、デートスポットでドライブに来ました。ただ、みなとみらい地区は、その頃はまだいまのような賑わいはありません。
実は新しい開発エリアです。ここ20年ちょっとですね。以下読んでみましょう。
みなとみらいの歴史(はまれぽ)
みなとみらい21の歴史
そしてコメントです。
C1:観光の政策、行政にこれほど多くの省庁や組織が関係しているとは思わなかったので、驚きでした。同時に、観光の裾野の広さを再確認できました。
C2:今日は政策や行政の話で、難しく感じましたが、こういう国の方向性や取組においても、観光が重要であると言うことが理解出来ました。
C3:観光の重要性が増すにつれ、ただ人を増やすのではなくて、そのマナーや文化を守るという考え方を浸透させていくことが大事だと思います。
C4:観光というと、旅行会社とかホテルなど、民間のイメージが強かったんですが、こんなに国や都道府県など行政が関わっていることに驚きました。
C5:最近テロが起こったり、観光のマイナスの面が心配されているので、それらに対してもしっかりと対応していけるような政策や取組が必要ですね。
C6:北方領土の問題について、国民はしっかりと考えるべきだと思いました。そのために、修学旅行などを通じて、学ぶことの重要性を感じます。
posted by shodaikun at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする