2012年01月30日

観光地理学U 第14回

 本日は、最後の授業ということで、まとめ・テストを行いました。
 結果については、後日こちらでお知らせします。
 出欠かねて出してもらったミニッツカードからコメントを記載します。

C1:観光地および観光ビジネスにおける物語(ストーリー)の重要性がよくわかった授業でした。
C2:散歩の学習が一番印象に残りました。今まであまり気にかけなかった資源に注目し、魅力を高める意味を学んだ気がします。
C3:この1年間の観光地理学では、本当に多くのことを学べた気がします。特にこの授業では、事例を中心にいろいろな観光地やビジネスの現状と魅力の作り方を知ることが出来ました。いろいろな資料やDVDなどすごくわかりやすく、興味を持つことが出来ました。
C4:授業を通して学んだことは、「ちょっと違った目線から見ると、売れるものが見いだせる」ということです。一見、平凡だったり、注目されないものも見せ方次第では、おもしろくなり、商品価値が高まることを学びました。
C5:後期から学び始めましたが、1回ごとに内容が違い、様々なことを学ぶことが出来ました。
C6:日頃、普通にやっていることが、実は観光と関係があり、その取り組み次第でおもしろい素材に変わることを学びました。
C7:授業の内容はとても楽しく、ためになり、大好きでした。
C8:観光地理学で学ぶ内容について、具体的な場所を事例として取り上げて勉強するのですごくわかりやすかったです。
C9:エンターテイメントやショーの魅力も含めて、観光地やそのビジネスについて発見が出来ました。
C10:観光には様々な楽しみ方があり、いろいろな観光地やビジネスが成り立つことを知りました。
C11:3年生になっても先生の授業をぜひ取りたいと思います。
posted by shodaikun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地理学U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

観光地理学U 第13回

 本日は、散歩レポートの返却とテスト範囲について、そしてまとめを兼ねて、DVDを視聴しました。
見たのは以下です。1つ見せたかったものを忘れてしまいました。
 ・ちい散歩(品川駅周辺・八景島)
 ・恋愛百景(鉄道デート)・・・なかなかおもしろいのです。

 来週は試験です。

1.参照Web
 今日はありません。

2.配布資料
2011観光地理学U 第13回.pdf

3.ミニッツカード
質問は1つだけでした。
Q1:横浜に八景はあるのでしょうか。
A1:金沢八景も横浜ですので、もちろんあるのですが、その他は詳しくないので、ネットで調べてみましたが、見つかりません。平塚とか鎌倉など、他の地域では命名されている例はあるようです。
そして、コメントです。
C1:ちいさんの散歩の着眼がおもしろいなと思いました。そういう着眼で見るといろいろな発見があるのだと思いました、
C2:散歩は、ゆっくりと歩いて、いろいろなものを発見して、出会いがあるからこそ魅力的なんだと思います。
C3:散歩などの勉強をしてみて、観光の有効な演出には「ギャップ」が大事なんだと思いました。
C4:レポートの書き方が勉強になりました。
C5:他の授業では、レポートは出しっ放しですが、先生は採点して戻してくれるので、どこがよかったか悪かったかがわかって勉強になります。やる気になります。
C6:品川駅の周りにも魅力的な場所がたくさんあって、散歩の楽しさが伝わってきました。
C7:「ちい散歩」を見ると、川に映るビルの風景とか、今と昔を比べながらとか、視点が違うなと感じました。細かいところを見て、発見したり、疑問に思ったりして、改めて散歩の魅力を感じました。
C8:ホスピタリティの人材育成に興味があるので、来年「ホスピタリティ人材育成論」をとりたいです。

posted by shodaikun at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地理学U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

観光地理学U 第12回

 今回は、観光地ラスベガスの第2弾で、主にエンターテイメントやカジノの魅力です。

1.参照Web
今日、最初に見たビデオは以下です。
ラスベガス特集第2弾
ビートルズのラブ
裸のラスベガス−スティーブ・ウィンの光と闇 
マカオ観光局
NANTA
NANTA日本公演サイト
JUMP(動画あり)
コリアハウス
歌舞伎座
劇団四季
マッスルミュージカルの終了
ブルーマンショー
A New Day(amazon)
セリーヌ・ディオーンコンサートが戻ってくる(ALL ABOUT)
Celine(公式)
クーザ(ダイハツ)
コルテオ(amazon)
日本にカジノを
ファイアーウィズイン

2.配布資料
2011観光地理学U 第12回(配布).pdf

3.ミニッツカード
まずは質問です。
Q1:有名な歌手やパフォーマンスと観光の関係がよくわかりませんでした。
A1:ラスベガスの成功を事例に、都市におけるエンターテイメントは日常的なレジャーでもありますが、国際観光都市に特別なショーがあることで都市の魅力が高まることがあります。そのこと自体は、観光資源と同じですね。
Q2:ZEDが日本で成功しなかったのは、鑑賞料金が高かったからだと思いますが、どうでしょうか。
A2:結果的にはそれもあるでしょうが、価値がないと判断されたのだとすれば、魅力が十分伝られなかったこともあるでしょうね。また、立地もあるかもしれません。東京からの距離です。他にも色々ありそうです。
Q3:日本はカジノが作れなかったと思うのですが、どうですか。
A3:現状はその通りです。上記のサイトなども参考に。
Q4:ラスベガスのシルクのショーはどれぐらいの料金ですか。
A4:それぞれ違いますが、概ね70ドルから200ドルですね。以下参考に。
シルクのチケット(ラスベガスコム)
Q5:ブルーマンに興味を持ちました。いくらぐらいですか?
A5:いくつかチケットタイプがありますが、一般は8,500円、7,500円ですね。上記サイトをご覧ください。


そしてコメントです。
C1:観光とエンターテイメントを結びつけることはおもしろいと思った。
C2:スティーブウィンさんの言葉がとても胸に響きました。ビジネスの世界でも何でも、成功している人の言葉というもは説得力がありますね。挑戦する心も素晴らしいです。
C3:シルク他、世界一流のショーをたくさん見れて楽しかった。是非いってみたいです。
C4:これまでもショーを見たことはありますが、授業で印象が変わりました。とても興味がわきました。

posted by shodaikun at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地理学U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする