2014年07月11日

ホスピタリティ人材育成論第13回

1.本日の内容
 本日は、グループワークによる発表会でした。
 4つのグループが、これまで学習してきたことを参考に、企業の人材育成の取り組みについて調べ、発表をするものでした。発表の過程を通じて、グループが、チームとして機能できるかどうか、そういう点もとても重要な学びになっています。
 4つの班、内容と発表はそれぞれでしたが、ただ授業から聞いて学ぶだけでなく、自分たちで関心を持ち、調べることで、より多くの気づきがあるはずです。
 発表は、「スターバックス」「はとバス」「USJ」「加賀屋」でしたが、どれも興味深い内容でした。質問も活発に出たので、その点も評価できますね。

2.配付資料
 ・2014ホスピタリティ人材育成論第13回GW.pdf
 ・2014ホスピタリティ人材育成論グループワーク配付資料.pdf
 ・2014ホスピタリティ人材育成論第13回グループワーク評価表.pdf

3.そしてコメントです。
C1:他のチームはとても良い資料で、発表も上手だった。私ももう少しプレゼン力をつけたいと思います。
C2:各企業、色々と考えているんだと思いました。人材育成ってとても大事ですね。
C3:他の授業で聞いたり、学んだことがある企業でも、実際に自分でい調べてみると、色々なことに気づかされました。
C4:こういう視点で、しっかりと企業を見ていきたいと思います。
C5:各グループの発表が、色々なジャンルに広がっていたのでとても勉強になりました。
 さて、発表風景です。2014-07-09 09.26.57.jpg2014-07-09 09.32.48.jpg2014-07-09 09.56.06.jpg2014-07-09 09.41.33.jpg
posted by shodaikun at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ホスピタリティ人材育成論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

ホスピタリティ人材育成論第12回

 本日は、グループワークの設定日、第2回目です。来週の発表に向けて、しっかりと学習しましょう。
1.今日の内容
(1)レポート課題について  前回出したレポート課題の確認です。
 グループ課題とは別の個人レポート課題を出しました。提出の締め切りは、7/24(水)です。
 対象となる観光カリスマは以下の通りです。
 ・観光庁 観光カリスマ
(2)グループ編成の確認・発表順番確認
    1番4班 2番3班 3番2班 4番1班 
(3)発表準備
 <発表の準備>
 ・発表日は、7月9日(水)
 ・7月7日(月)の17時までに配付資料を宍戸宛にメールすること。
  (配付資料はこちらで人数分印刷して配布します)
 ・7月9日(水)の発表当日は、9時迄にパワーポイントのデータをUSBにいれ、持参する。その場で、使用するPCに保存します。
 ・9時10分には開始できるようにします。その他の人も遅刻しないように。

2.配付資料
2014ホスピタリティ人材育成論第12回.pdf

3.ミニッツカード
今日はほとんど感想でした。
C1:同じ班の皆さんがとても良い人で良かった。個々で作業も進み、発表がすごく楽しみです。
C2:グループの活動はとても勉強になり、企業のことも勉強するきっかけになりました。
C3:調べて企業はとても魅力的で、調べれば調べるほど、聞けば聞くほど深く知りたいと思えました。
C4:質問を想定してみましたが、どのような質問が来るかわからないので、難しいです。
C5:今日はしっかりと分担して、取り組めました。久しぶりに働いたって感じです。
posted by shodaikun at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ホスピタリティ人材育成論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

ホスピタリティ人材育成論第11回

 今回は地域の観光人材育成と星野リゾートを参考にした人材育成術を学びます。

1.Web資料
通訳案内士
通訳ガイド制度(観光庁)
沖縄地域限定通訳案内士(沖縄)
観光地域プロデューサーモデル事業
旅育 (日本観光振興会)
北海道アウトドアガイド認定試験
ちゅら島沖縄観光タクシー
東京シティガイド検定
東京観光タクシー
MICEの開催・誘致(観光庁)
東京MICE人材育成講座
そして、星野リゾートの人材育成例をDVDで勉強しましょう。
星野リゾート

2.配付資料
2014ホスピタリティ人材育成論第11回(配布).pdf
2014ホスピタリティ人材育成論レポート課題.pdf

3.ミニッツカード
質問です。
Q1:星野さんの考えていることは、シンプルなの時代にどんぴしゃですね。やろうとした改革は自分一人でやったのでしょうか。
A1:強力なリーダーシップはあったと思いますが、皆を巻き込んだからこそ成功したのでしょう。そのために組織に対して色々なアクションを起こしたのです。もちろん、表に出てこないサポート役も当然いると思います。
コメントです。
C1:星野さんの「フラットな組織」とても良いですね。ああいう会社で働きたいです。
C2:全ての業務を体験することは、他部門への理解も深まるし、他セクションへの不平不満もなくなるので良いと思います。、
C3:川崎市の話題も出てきたが、私は夜景に驚きました。→工場夜景は私も関わっています。
C4:ターゲットを絞り込むことで、利益が最大化されるんですね。

 次回はグループワークです。
posted by shodaikun at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ホスピタリティ人材育成論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする