2012年01月23日

観光事業論U 第13回

 本日は、レポートの返却とテスト範囲について、そしてまとめを兼ねてDVDを視聴しました。
 見たのは以下です。
 ・奇跡の地球物語 サンシャイン水族館
 ・アレグリア

  来週はテストです。頑張りましょう。

1.参照Web
  本日はありません。

2.配付資料
2011観光事業論U 第13回.pdf
3.ミニッツカード
 まずは、質問です。
Q1:サンシャイン水族館は、どうしてリニューアルすることになったのですか。
A1:基本的には、開業30年以上が経過し、集客落ち込み、施設的にも老朽化が進んでいたためです。どの施設でも避けられないことです。
Q2:アレグリアはどのようなストーリーですか。
A2:『アレグリア』はスペイン語で、『喜び』『歓喜』などを意味するそうです。シルクのパンフレットには、『パワーへの努力と若さのエネルギーの爽快さをオペラで表現』していると書いてあるようですが、比較的ストーリー性はない作品かなと思います。上記で紹介したサイトをご覧ください。
Q3:授業で見せて頂くビデオ番組は、どうやって手に入れているのですか。ネットで検索してもホテルに関するものなどはヒットしません。
A3:地道に番組をチェックして、録画しているんですよ。
Q4:自分も中村さんのような仕事に就くにはどうしたらいいのでしょうか。商大からでも中村さんのような仕事に就けますか。中村さんのような気持ちになれる日が来るのでしょうか。
A4:大学を出ていきなりは無理です。色々な経験を積み、あれほどの発想力や着眼が磨かれたのだと思います。いきなり「映画監督になりたい」と思ってはいけませんね。
Q5:レポート20点ということは、テストが80点ですか。
A5:授業で言っているはずですが、レポート20点、テスト60点、平常点(ミニッツカードなど)20点です。
そしてコメントです。
C1:レポートの書き方がとても勉強になりました。まだ、うまく書けませんがポイントがわかりました。
C2:前期のレポートが悪かったのですが、点数が上がってうれしかったです。参考文献なども読んで、もっと大学生らしいレポートが書けるようになりたいです。
C3:生物の習性なども踏まえて、見せ方や演出を考えている水族館は素晴らしいと思いました。
C4:水族館のDVDをみて、やはり工夫や可能性って言うのはいくらでも考えればあるものなんだと思いました。あきらめないで、やることをやってみるって大切だなと思いました。
C5:もっと観光事業を広い視野で見られるようになりたいと思いました。
C6:アレグリアに見入ってしまいました。実際にみたいです。
C7:TDRの劇場にいつの日かまたシルクが戻ってくるのでしょうか。戻ってきたら絶対に見に行きたいです。
C8:最後の授業でしたが、いつも楽しく、興味のある授業で、わかりやすくて良かったです。
posted by shodaikun at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光事業論T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

観光事業論T 第14回

 今回で授業最後です。今年は、震災等の影響を考慮し、この時間に期末考査を実施しました。
 その前に、レポートを返却し、その評価を説明しました。これがなかなか勉強になるようです。詳しくはコメントにあります。

1.参照Web
 今回はありません。

2.配付資料
2011観光事業論T第14回(試験実施日).pdf

3.ミニッツカード
 今回は、最後の時間と言うことで、たくさんコメントも頂きました。

C1:半年(前期)、観光を勉強してみて、今まで全く知らないことばかりでした。色々なことを知って、少しはわかったつもりです。やはり、将来は観光系だ出来る仕事をしたいと思いました。出来るかわかりませんが...(笑)でも、楽しいと思いました。
C2:エンターテイメント業に興味があるので、授業で取り入れて欲しいです。→後期で出てきます。
C3:レポートを返却して頂き、ポイントも教えてもらったのは初めてです。大変参考になりました。
C4:レポートの書き方がとても勉強になりました。次回は頑張ります!
C5:前期の観光事業論はとても楽しかったです。DVDやインターネットなどの資料、先生の話など、具体的でとてもわかりやすかったです。テストが出来なかったので、後期は頑張ります。
C6:テストがとても難しかったです。もっと簡単にしてください!→う〜ん、ぼちぼち考えてみます。
C7:1年生で初めてのテストでしたが、もっとしっかりと勉強しなければ駄目だと実感しました。
C8:今までを通して、大体の観光事業についてつかむことが出来ました。しかし、おぼえることの多さにたじたじでした。→基本だからね。しっかり!
C9:学びたかった観光を学べて楽しかったです。DVDや映像を見ながらの学習は初めてだったので、新鮮でおもしろかったです。
C10:自分の考え方、やり方がいかに甘いかがよくわかりました。レポートの書き方を勉強しておきます。
C11:これまでたくさんレポートを提出してきましたが、返却されたのは初めてで、どこがどういけないかよくわかり勉強になりました。次から直せるように頑張ります。
C12:レポートを返却していただき、解説を聞いて、自分がこれまで間違った書き方をしていたことがわかって、勉強になりました。
C13:テスト、難しいです。憶えていたつもりでも、書けなかったです。
C14:やっぱりレポートは自分の意見を述べることが大事だと思いました。自分でわかっていても、相手に伝わらないと駄目だし、人のいいところを盗んで、どんどん成長していきたいと思います。
C15:k大学にはない授業で、観光を言う自分に興味のある勉強が出来てとても楽しかったです。特に先生の授業は、DVDやwebなどを使ってくれ、穴埋めプリントもあり、授業に参加しようという意欲が持てました。半年間ありがとうございました。

 今回返却したレポート概況をお知らせしておきます。期末の結果、成績概況は夏休み中にアップしますので、このブログもたまに見てくださいね。

 月曜クラス 平均点 13.7点 高得点 17点、16点×5人 
 水曜クラス 平均点 14.5点 高得点 19点×3人、18点×3人  
posted by shodaikun at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光事業論T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

観光事業論T 第8回

 今回は、前回の4章の続きです。観光地理学T履修者は、学習済みのことも多いので、引き続き復習にもなります。発展学習を行い、いろいろな事例を一気に紹介し、DVDも見てみたいです。

1.参照Web
大阪城 
姫路城
シーガイア(ウィキペディア)
フェニックス・シーガイア・リゾート
シーガイア破綻関連の記事(西日本新聞)
オーシャンドーム(2007閉鎖)
・ららぽーとスキードームSSAWS
 ・ザウスレポート
地域ブランド調査
・国立公園協会 関連2
・世界遺産条約(ユネスコ)
ナショナルトラスト(ウィキペディア) 
トトロのふるさと財団
富士山を世界遺産に

DVD関連は以下です。
フラガール特集(スパリゾートハワイアンズ)
Cirque du Soleil

 ※今回、空欄を少し飛ばしていました。特に水曜クラスは、以下確認してください。
 p13 
 ・T(2)A 図にたとえれば、(ラケット構造 )である、
 ・T(3)A <自然公園法> 国立公園・国定公園・都道府県立自然公園に分類
           現在、日本には( 29 )ヶ所ある。  
2.配付資料
2011観光事業論T第8回(配布).pdf

3.ミニッツカード
 今回は質問がたくさんありましたね。
Q1:ある目的地に行く途中で観光をしていくのは、「ピストン型旅行」なのですか。
A1:全体の行動を見ないと一概には言えませんが、通過での一時立ち寄りなら、基本的にはピストン型に入ります。ただ、途中立ち寄りが多くなってくると、周遊型の可能性もありますね。
Q2:質問です!DVDで取り上げたハワイアンズ、福島のいわき市って、震災は大丈夫でしたか?
A2:どの程度の被害かわかりませんが、10月までかなり長期休業するようですね。
 ・スパリゾートハワイアンズ
Q3:文化財保護法やラムサール条約など、何を基準にしても決められているのですか。
A3:基本的には条約や法律に基づき、決められます。以下を参考に探してみてください。
 ・文化財
 ・ラムサール条約
Q4:ゼミは、1つしか入れないのですか。1年生でもゼミに入りたかったら、入れますか。
A4:ゼミは1つしかはいれません。1年生は入れません。でも、観光の活動や勉強をしたければ、ホスピタリティ研究会へおいでください。
Q5:新聞やCMなどで、半額や割引の旅行プランがありますが、それでもホテルにはプラスなんですか。
A5:価格というのは時期によっても変わっていきますが、基本的には赤字にして売ることはありません。ただ、利益率は大きく下がります。また、人件費の発生やPRなどのために、その商品だけを見れば、赤字レベルで売ることはあります。
Q6:シルク・ドゥ・ソレイユの名前の由来は何ですか。
A6:太陽のサーカスという意味です。
Q7:シルクのことを全然知らなかったのですが、DVDを見たり、話を聞くとすごく行きたくなりました。ちゃんとそのことを知ると行きたくなるのは、なぜでしょうか。
A7:やはり、何事も知識があるとその魅力に気づくのでしょうね。だからこそ、最近は学習型観光とかガイドが必要とか、資源の理解や解説などが求められています。

 そしてコメントです。
C1:DVD事例を見て、サービスを提供する観光事業だけでなく、市民による活動も大切だと気づきました。
C2:最近とても疲れがたまっているので、旅行にでも行って、癒やされたいです。
C3:東北にハワイを作るという発想は、普通あり得ないと思う。何事もチャレンジが大切だと感じました。
C4:昔は、世界遺産よりも食べものに夢中だった私ですが、色々な場所に行き、それぞれ個性を生で見たいです。
C5:ゼミは最後までやりきれるか、その先生と仲良くなれるか不安です。→悩んでいても始まりません。チャレンジしてみましょう!
C6:回遊行動のラケット構想は、すごく当たっていると思いました。
C7:シルク(キダム)を見に行きたいと思った。凄い!感動したなど、多数意見がありました。
posted by shodaikun at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光事業論T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。