2015年11月20日

観光マネジメント2 第7回

 後期に入って、観光マネジメント2では、観光ビジネスについて学んでいます。
 ここまで、旅行ビジネス・宿泊ビジネス・交通運輸ビジネスを取り上げてきました。
 教科書ですと次は第10章の観光施設(テーマパーク)などですが、今週は特別編として、観光地のビジネス、魅力ある商品開発について学んでみたいと思います。
 そこで、今回は、特定のビジネスではなく、国内観光地が観光集客するためにビジネスとして、どう取り組むかという課題の大きなテーマである、商品開発・魅力づくりというテーマで先輩達のゼミ合宿を事例に新潟県粟島における「離島ツーリズム」について学びます。
 私のゼミ調査合宿を事例に、先輩にプレゼンをしてもらい、皆さんが今選択することになっているゼミ学習についても、前向きになってもらえるといいなと考えました。

1.参照Web
にいがた観光なび(新潟県公式観光情報サイト)
離島どっと来い
離島センター
粟島観光協会
上記を見て頂いても、粟島がほとんど注目されていない、無名の離島であることがわかります。
だからこそ、あえてその離島体験を観光目線で考えて見ました。

2.配付資料
2015観光マネジメント2 第7回粟島ゼミ調査合宿.pdf

3.ミニッツカード
まずは、質問です。
Q1:とても良いところに調査に行っていますが、経費はどれぐらいですか。高くはないですか。
A1:普通に新潟までは新幹線などで行き、フェリーもそれほど高くはないですよ。安く行くことも勉強なんです。
Q2:粟島にはバスはあるんですか。レンタカーは?
A2:島民のために循環バスが島内を走っています。もちろん、旅行者も利用は出来ます。マイカーは持ち込めませんし、レンタカーもありません。島民は自動車に乗っている人もいます。
Q3:離島に調査に行くと、どのように決めたのですか。
A3:グループのプレゼンで決めました。離島の中から粟島にしたのは、離島センターという専門組織にアドバイスをもらいました。おすすめの島だったのです。
Q4:小中学校は1つしかないそうですが、どの辺にあるのですか。
A4:メインの集落の内浦地区の街の端の方にあります。歩ける距離です。
Q5:キャンプ場はどれぐらいの人が利用していましたか。
A5:9月の平日利用だったせいか、私たちだけでした。
Q6:1つだけある信号は何のためにあるのですか。
A6:実は、必要ないのですが、小中学校の校門前にあります。島の子どもたちが、島外に出て信号機の使い方がわかるように教育用に設置されたそうです。
Q7:合宿までどの程度計画・準備をするのですか。
A7:春の合宿の準備経験も生きますが、夏合宿準備は、前期の授業時間、時間外、そして夏休みも毎週ゼミをやっています。
Q8:合宿でこういうことを学んだ後に観光業界に提案するのですか。
A8:まずは、行政に報告書などの形で提案します。かつて、県知事さんにお渡ししたこともありますし、行政側の人や企業の方と意見交換をしたりもします。

そしてコメントです。
C1:先輩達のプレゼンはとてもわかりやすくて、興味が持て、刺激的で、新鮮だった。とても堂々としていて、パワポも上手で、素晴らしいです。
C2:1つのことを調べるにも色々な調査法があるんだとわかりました。
C3:粟島は全く知りませんでした。でも、とても素晴らしい島で、ぜひいってみたいと思いました。
C4:地域の発展のためには周辺地域との連携が大事だとあらためて考えさせられた発表でした。人と人のネットワークの大切さもわかりました。
C5:最後にみたゼミのムービーがとても素晴らしかったです。大変よく出来ています。感動しました。
C6:小さな島で形成されたネットワークの素晴らしさと、それに入っていく取り組みが素晴らしいと思いました。
C7:こうして人と人が出会って、関わりが始まるのですね。改めて気づかされました。いい旅ですね。粟島にいってみたいです。
C8:ゼミで実際にどのような活動をしているのか知ることが出来ました。
C9:ただネットで調べたり、ちょっといってみるのと違って、こうやって深く知り、現地の人と関わる旅って、素晴らしいと思いました。人との交流も観光資源、胸に響きました。
C10:先輩達のアドバイスが胸に刺さりました。しっかりと過ごさなくちゃと思います。

 ゼミにはそれぞれ活動の仕方があります。今日のような取り組みはゼミ共通でなく、かなり宍戸ゼミ独自の
やり方や見学先になっています。大変だといわれる理由はそこにありますが、人と関わり、しっかり学ぶことが多いからこそ、得るものがあるのだと私もゼミ生も考えています。
posted by shodaikun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック