2015年12月22日

観光マネジメント2 第12回

 第12回目は、第12章「観光政策と観光行政」です。

1.参照Web
観光基本法
観光立国推進基本法
観光立国推進基本計画
観光庁
観光立国実現に向けたアクションプログラム2015
観光白書
日本政府観光局(JNTO)
日本観光振興協会
国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センタ−
MICE(観光庁)
MICE(PRINCE TOKYO MICE CITY)
神奈川県産業労働局観光部観光企画課
神奈川県産業労働局観光部国際観光課
横浜市文化観光局
横浜観光コンベンション・ビューロー
北方領土対策本部(内閣府)
北方領土への修学旅行等の調査関連(平成23-24年度)
観光庁「今しか出来ない旅がある」若者旅行を応援する取組事例集(日本学生観光連盟も受賞)
日本学生観光連盟

2.配付資料
2015観光マネジメント2 第12回(配布).pdf

3.ミニッツカード
はじめに質問です。
Q1:これまでも継続的に観光の政策はあったはずなのに、どうしてこのところ急にインバウンドが増加しているのですか。
A1:急ではありませんよ。2000年以降、観光立国に向けてビザ発給の緩和・各種プロモーションなど、色々な取り組みをしてきた成果です。きちんとお金をかけ、制度を考えることで、集客できているのです。
Q2:各都道府県の観光予算は、国から配布されるのですか。
A2:基本的には地域の施策は、地域の予算がもとになります。ただ、国の事業として公募して、地域の取り組みを支援する仕組みもあります。
Q3:北方領土と観光のつながりが、今ひとつわかりませんでした。
A3:学習をする目的の教育旅行などで、重要な素材として価値があると考えられます。広い意味で、観光魅力につながる資源でもあると言うことですね。
Q4:北方領土に関係する施設にはどのようなものがありますか。
A4:色々あります。以下を参考にしてみてください。
北海道根室市の北方領土関連施設
啓発施設
Q5:2020年オリンピックに向けて、一番重要な観光政策は何だと思いますか。
A5:たくさんありますね。ただ、おそらく宿が足りなくなることから、民泊の制度改革(特区含む)など、増加する観光客受け入れに対応できる仕組み作りと制度が必要です。
Q6:NTAとNTOの違いがよくわかりませんでした。前者が地域単位、後者が国単位と言うことでいいですか。
A6:それは違います。NTAとは、行政として政策立案を主とする国や県などの観光組織、NTOは、それを受けてプロモーションや実際の各種事業を行う宣伝舞台・実行部隊です。
Q7:今度、石川県の「加賀屋」に泊まるのですが、ここって高いところですか、安いところですか。
A7:それは素晴らしい。一流旅館です。ホスピタリティも素晴らしく、観光の世界では誰もが知っている施設です。みなさんにもお知らせします。
和倉温泉加賀屋
Q8:喜賓会が、よくわかりませんでした。
A8:前期の歴史編でも出て来ました。以下ご覧下さい。
喜賓会からJTBへ
Q9:前期の内容も後期のテストに出しますか。
A9:基本的には出ません。ただ、関連して後期の授業でも取り上げていれば、出る可能性はあります。
Q10:確かに神奈川県より横浜市の方がブランドイメージが良いですね。横浜って、みなとみらいとか、昔からおしゃれなイメージだったのですか。
A10:山下公園、山手エリアも含めて外国ムードが漂うおしゃれさはありました。私の大学生時代も、デートスポットでドライブに来ました。ただ、みなとみらい地区は、その頃はまだいまのような賑わいはありません。
実は新しい開発エリアです。ここ20年ちょっとですね。以下読んでみましょう。
みなとみらいの歴史(はまれぽ)
みなとみらい21の歴史
そしてコメントです。
C1:観光の政策、行政にこれほど多くの省庁や組織が関係しているとは思わなかったので、驚きでした。同時に、観光の裾野の広さを再確認できました。
C2:今日は政策や行政の話で、難しく感じましたが、こういう国の方向性や取組においても、観光が重要であると言うことが理解出来ました。
C3:観光の重要性が増すにつれ、ただ人を増やすのではなくて、そのマナーや文化を守るという考え方を浸透させていくことが大事だと思います。
C4:観光というと、旅行会社とかホテルなど、民間のイメージが強かったんですが、こんなに国や都道府県など行政が関わっていることに驚きました。
C5:最近テロが起こったり、観光のマイナスの面が心配されているので、それらに対してもしっかりと対応していけるような政策や取組が必要ですね。
C6:北方領土の問題について、国民はしっかりと考えるべきだと思いました。そのために、修学旅行などを通じて、学ぶことの重要性を感じます。
posted by shodaikun at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239961854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック