2015年12月15日

観光マネジメント2 第11回

 今回は、第11章「観光と情報」です。
1.参照Web
旅相談
日本政府観光局
日本政府観光局メディア広報
JNTO認定外国人観光案内所
コロプラ
ユニバーサルデザイン・コンソーシアム
ピクトグラム
外国人受入のためのピクトグラム
スマートフォンアプリ等の提供(観光庁)
トリップアドバイザー
4Travel
おすすめ旅番組

アンテナショップ


2.配付資料
2015観光マネジメント2 第11回(配布).pdf

3.ミニッツカード
はじめに質問です。Q1:口コミサイトで、酷評した場合などは、営業妨害にならないのですか。
A1:ケースバイケースです。程度問題ですし、内容にもよるでしょう。ただ、事実でなければ問題になることは明らかですし、事実だとしても、程度を越えた場合は、訴えられることもあります。いろいろな判例がありそうですが、ひとまず以下を参考までに。
・レストランを酷評したら賠償!?
Q2:先生のおすすめの旅番組は何ですか。
A2:授業でも紹介しましたが、色々な観点で異なりますね。街あるき番組である「アド街ック天国」「ブラタモリ」などは好きですね。
Q3:旅行に行く時には、先生は何を一番重視しますが。
A3:目的ですね。目的によって、どのように行動するか、利用する施設なども決まってきます。漠然と情報を集めるのではなく、目的に沿って、必要な情報が決まってくると思います。
Q4:情報の非対称性を解消するためには、具体的には何が必要ですか。
A4:情報を提供する側にも責任はありますが、情報を受けて活用する側の知識や経験が大事な気もします。情報を適切に判断し、活用するチカラを受けても身につけることで、解消できる部分が増えていく気がします。
Q5:テレビのCMには、あまり観光に関わるものが内容に思うのですが、なぜでしょうか。
A5:第1に、テレビのCMは企業や組織など主体が明確です。観光地や地域、観光のコンテンツは複合的な場合が多いので、主体がはっきりしないことはあります。それでも、ディズニーや地域のCMは意外とありますよね。
Q6:携帯やPCの観光情報は、本当に信じて良いのでしょうか。
A6:サイトの発信者にもよると思います。やはり公的な組織や立場からの発信は、信頼性は高いです。ただ、面白味に欠ける部分はあります。逆に個人が発信するものは、必ずしも信頼性は高くないですが、ストレートに評価をしていることも多く、参考になる場合もあります。情報の価値を判断することも旅行者にこれから求められるのではないでしょうか。
Q7:仕事で地方に行く人たちも観光の的にしてはどうでしょうか。
A7:もちろん、ビジネス客を対象とした観光も注目されています。MICEもその例です。実際にビジネスで行った人も、空き時間などに観光をします。
Q8:神奈川県内に木造駅舎は1つもないのですか。
A8:あまり有名な駅名を聞いたことはなかったので、気にしていませんでしたが調べるとあるみたいですね。以下をご覧ください。ただ改築もあるので、現在どうかは個別に調べないといけませんね。
歴史の香り漂う神奈川の木造駅舎紀行
木造駅舎(神奈川県)を見てください。大口駅もなのですね。
Q9:なぜこれほど旅番組があるのかわかりません。どうしてでしょうか。
A9:ニーズがある、見る人がいるからと言えば、それまででしょうか。でも、人が旅をしたい、知らないところに行ってみたいという気持が根底にあるのだろうと思います。
Q10:なぜ、ガラケーの時代は観光情報が調べにくかったのですか。
A10:観光情報はビジュアル(画像・動画)などによる情報が効果的です。ガラケーの場合はその情報量に限界がありましたよね。スマホになって、飛躍的に多くの情報を見れるようになり、観光のイメージが伝わるような情報が増えたと思います。
Q11:AISASがよくわかりませんでした。
A11:以下をご覧下さい。
AISASとは
Q12:ゆるキャラも観光情報の一種ですか。
A12:そうですね、それはいえているかもしれませんね。地域の素材を特徴的に伝えてくれていますし、その地域のPRコンテンツになっています。以下など見てみましょう。
ゆるキャラグランプリ
Q13:テストはいつですか。
A13:15週目の最後の授業時間に実施します。1/26(火)を予定しています。
 そしてコメントです。
C1:私自身、観光に行く時は必ず前もってインターネットやSNS等で調べていたが、逆に何も調べずに行ってみるのも面白そうだと思いました。
C2:旅行前に下調べをよくしますが、実際に旅行に行ってみると意外とつまらなかったり、逆に予想以上に面白かったりすることがあります。それはそれで楽しいですが、あまり効率的ではないので、今日学んだことも生かしながら、しっかりと調べていきたいです。
C3:旅行する上で、情報がいかに大切がわかりました。この授業を受けていると、本当に旅に行きたくなりますね。
C4:最近は、本当に旅番組が面白くなっていますね。
C5:観光に関する番組は確かにたくさんありますが、その他のバラエティの多くが旅に関する特集や企画をやっているなあと思いました。もう少し意識して見てみようと思います。

posted by shodaikun at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238665108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック