2015年10月20日

観光マネジメント2 第4回

 今回は、宿泊業の後半です。
1.参照Web
今回は、宿泊業(ホテルビジネス)のPART2です。
4つのホテル経営パターン
ワシンントンホテルオーナー募集
プリンスホスピタリティアライアンス(プリンスホテルズ&リゾーツ)
プリンスホテルズ&リゾーツ
プリンスホテルについて
人と仕事紹介(帝国ホテル)
ディズニーホテルキャスト職種紹介
ミリアルリゾートホテルズ
ミシュランガイドブック 
お役所の食堂 スパウザ小田原
スパウザ小田原取得経緯(小田原市)
ヒルトン小田原リゾート&スパ
顧客のロイヤリティを高める(ウィズダムマネジメント)
MICEについて(観光庁)
MICE取扱説明書
 最後にヒルトン小田原リゾート&スパ誕生の舞台裏のDVDを見ました。

2.配付資料
2015観光マネジメント2 第4回(配布).pdf
2015観光マネジメント2 第4回資料@.pdf
2015観光マネジメント2 第4回資料A.pdf
3.ミニッツカード
はじめに質問です。
Q1:ホテルの運営会社が変わるとき(ブランド変更)、なぜあれほど時期が短いのですか。
A1:すでに入っている予約を取り消すことは出来ません。またクローズする期間は、その分売り上げが減ります。そして、苦労はありますが、実際に稼働させながら新たなホテルの運営方法を取り入れて意言うことも良い訓練になります。その点で、合理的な方法です。
Q2:どうして「ドラフト会議」をホテルでやるのですか。
A2:ドラフトに限らず、歌謡祭や結婚式。やはり適切な空間・食事・サービス・立地など、人々が集まり、何かをするのに適した環境をホテルは持っているのです。
Q3:先生がおすすめする「学生向けホテル」はどこですか。
A3:人それぞれですし、いろいろな見方が出来るので難しいですね。でも、学生の頃は、仲間とわいわい、がやがや泊まるのがおすすめです。いずれ出来なくなりますから。その意味では、民宿やペンション、またユースホステルなども面白いと思います。また、良いホテルでも泊まる時期や予約時期で安く泊まれることもあるので、そういう研究もしてみると良いかもね。
Q4:先生は、プリンスホテルが好きですか。
A4:事例としてプリンス多いですよね。たまたまでもありますが、これまで私がいろいろと関わりがあったホテルの1つです。またシティホテルからリゾートまで多様なホテルを持つので、学習素材としてはとても参考になるというのも理由です。
Q5:ホテルを建設するときの高額な資金はどこから来るのでしょうか。
A5:装置産業と言われるのは、やはり土地や多額の資金が必要なため、鉄道会社や不動産、さらには資金力のある企業が経営に関わっているといえますね。お金があるとホテル経営を考えてみる、という傾向もありますね。
Q6:最近はホテルもふくめて「フライチャンズ方式」のお店が増えていると思いますが、なぜですか。
A6:Q5の逆で、所有をしないので、比較的低コストでホテル経営に関われます。また何かあったときの損失も低く抑えられます。
Q7:なぜホテルにはこれほど色々な経営方法があるのですか。
A7:色々な環境、状況の企業が関わるので、それぞれメリットのある方法が色々あると言うことでもあります。
Q8:どうしてスイートルームは、あれほど価格が高いのですか。
A8:普通に考えても、広いと言うことは、それだけ広い空間を利用するのですから、価値が高いです。また、小さい部屋は安く、大きい部屋は高くは、普通に考えても価格設定では当然ですよね。
Q9:女性でも総務の仕事は出来ますが。ビデオだと男性ばかりだった気がしました。
A9:もちろん出来ますよ。むしろホテルは女性がたくさん活躍できる場所だといえます。支配人などになる人はまだ少ないですが、これから女性がどんどん活躍していく分野です。
Q10:ゼミでのホテル見学は、お金がかかるのですか。
A10:見学させて頂くことにお金はかかりません。ありがたいですね。ただ、その後にランチ体験などをする場合は、当然その分はかかります。またホテルまでの交通費はもちろんかかりますね。でも、普通は見ることの出来ない部屋や場所を見て、話が聞けるのはとても貴重ですね。
Q11:先生が今まで印象に残っているサービスは何ですか。
A11:そうですねえ、色々ありますが、例えば高級旅館では、温泉などに行くと、スリッパにクリップなどをして、人と間違わないようにしてくれます。また、食事の場面でもアレルギーや好みなど、かなり細かい気配りをされますね。部屋にお茶やお菓子があったり、さりげなく折り鶴や花があったり。他にもたくさんありますが、すぐに浮かびません。
Q12:ディズニーランドホテルにはどのような部屋があるのか気になりました。
A12:先日ゼミで見てきたのですが、美女と野獣ルームは目立ちましたね。以下参考に。
ディズニーランドホテル(キャラクターに囲まれて過ごす)
Q13:やはり宿泊費が高いほど、おもてなしや便利さは良くなりますか。
A13:そうですね。価格が高い分、優秀なスタッフを、必要なだけ位置できますから。

 そしてコメントです。
C1:ホテルは宿泊するだけの場所と思っていたが、地元の人の社交場であり、地域に根ざし、様々な利用シーンがあることがわかり、考え方がかわりました。ホテルも1つの町なんですね。
C2:ビデオを見て、ホテルの厳しさを知った。ただ、あの厨房の怒鳴り声は、いかがなものだろうか。
C3:ホテルの経営形態は難しかったが、セブンイレブンなどコンビニのたとえ話はわかりやすかった。
C4:色々と旅行をすると、地域それぞれの個性を従業員にも感じます。大阪はすぐに話しかけてきたり、沖縄の人は親しみやすくて、そういう点も宿泊の楽しみの1つですね。
C5:今日は黒板に用語を書いてくれましたがとても見やすかった。今日はどこに用語を書いたら良いかわからなかったので、前のようにPCの画面が良いです。→両方の意見があるんですね。やや黒板に書いてくれる方が良いとのコメントが多かったかも。
C6:もう少しゆっくりとお話をして欲しいです。→反省します。
C7:難しい話も、その後のビデオや資料で補足をして頂くと、とてもわかりやすいです。
C8:前回よりとても静かで聞きやすかった。→後ろの席を制限すると良いですね。
C9:ホテルに興味があり、とても楽しい授業でした。知りたかったこともたくさん知ることが出来て良かったです。
C10:ホテルで働く厳しさを知りました。でも、頑張ってみたいです。


posted by shodaikun at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック