2015年06月25日

観光マネジメント1 第11回

 第11回目は、第14章「旅の歴史」の発展編で、色々なツーリズムについて学びました。

1.参照Web 
ディスカバー・ジャパン(ウィキ)
ディスカバージャパン展示会
バックパッカーとは
ニッポンの海外旅行(amazon)
新たな観光のかたちニューツーリズム
ニューツーリズム創出(観光庁)
体験型観光ツアー
ほっかいどう体験型観光 
和歌山県 ほんまもん体験 
グリーンツーリズム(農水省)
ブルー・ツーリズム
エコツーリズムのすすめ(環境省)
ヘリテージツーリズム(産業遺産)
産業観光ガイド 
スタディ・ツーリズムの勧め(川崎市産業観光振興協議会)
北方領土学習
 
2.配付資料
2015観光マネジメント1 第11回(配布).pdf

3.ミニッツカード
まずは、質問です。
Q1:サスティナブルツーリズムの意味がよくわかりません。
A1:「持続可能な観光」として、自然や環境を保護しつつ観光の持続をはかることです。以下を参考に。
・サスティナブルツーリズムとオルタナティブツーリズム
Q2:バックパッカーがよくわかりませんでした。
A2:旅行者の1つのスタイルです。上記の紹介サイトをじっくりと読んでください。これ以上の説明は難しいかな。
Q3:プロ野球などもツーリズムになるのですか。
A3:もちろんスポーツ観戦も重要なコンテンツです。例えば、イチロー選手や田中選手を見るためにアメリカにいくつアーなどもあります。
Q4:映画などに出てくる場所を訪れたいと思うのは、何の効果が働いているのでしょうか。
A4:簡単にいくと、「特別な場所として認知される→訪れてみたい」という心理です。映像と観光の関係は、とても深いものがあります。別の機会に取り上げたいですね。
Q5:先生のおすすめの秘湯はどこですか。
A5:温泉マニアではないので、主観的ですが、北海道ニセコにいた頃、好きでよく行っていたのは以下です。
五色温泉
鯉川温泉

 以下はその中でもかなりマニアックでしたが、現在閉館中のようです。
 ・ニセコ薬師温泉
Q6:修学旅行で体験した「民泊」も体験観光に入りますか。
A6:もちろん入ります。
Q7:ドラマに出てくる俳優さんのいた場所に行きたいというのもSITに入りますか。
A7:入りますよ。Q4もご覧下さい。
Q8:エコツーリズムとエコツアーは同じですか。
A8:同じような意味合いですが、エコツアーは、自然環境に触れ学ぶツアーのことを意味します。旅のかたち1つ1つを意識して使います。エコツーリズムは、エコツアーも含み、そのような自然型観光に関わる様々な事象を含みます。
Q9:1980年代の海外旅行では、どこが人気でしたか。
A9:面白い質問ですね。国内外の人気のエリアも時代とともに変わりますね。1995年以降ですが以下を見てください。
 ・海外渡航先ランキング推移

 そしてコメントです。
C1:様々なツーリズムを学ぶと小さなコトでもツーリズムに出来るんだと思いました。何もないと思えても、1つ切り口を見つけて、発信していくことで観光地に出来ると言うことは、あまり知られていない場所にも可能性があるのですね。もっと色々な場所を知りたいです。
C2:今のCMよりも昔のCMの方がストーリーがわかりやすくて、伝わってきます。
C3:色々なCMは時代を映しているんですね。楽しかったです。
C4:自分なりのスペシャルインタレストツーリズムを探したいです。
C5:観光はファッション、という意味が良く理解出来ました。差異化は難しいですが、センスが大事なんですね。
C6:観光のメリット、デメリットをもっと知り、観光地のことも学んでおくと、旅行はもっと楽しめる気がします。
C7:JRのクリスマスエクスプレスのCMが素敵でした。旅行に行きたくなる、そんなCMがあるんですね。
C8:小樽の雪明かりの路、行ってみたいです。
C9:観光はファッションと同じで、その人の個性や人との違いを見せるものなんですね。観光って色々な面があって面白いです。
C10:「見る価値」だけでなく、「やる(体験する)価値」が大切だと思いました。CMは時代を映す鏡だと思いますが、観光も同じだと思いました。
posted by shodaikun at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

社会力基礎演習1 第11回

 社会力基礎演習1は、第11回〜第15回で最後の課題に取り組みます。
 今回は、「地域の魅力を切り取ろう」というものです。紹介したサイトなどを掲載します。
 ・愛に来て、うどん県(香川県)
 ・はまれぽ 
 ・ことりっぷ 横浜鶴見
 ・じゃらんの横浜市鶴見区の観光スポットランキング
 ・横浜市観光情報公式サイト
 また鶴見については、以下なども参考に出来ます。
 アド街っく天国
 ・2011年  
 ・2006年 
 ・2014年  
 ・横浜市 鶴見区 鶴見区内のお散歩マップ

 ・横浜市 鶴見区 鶴見みどころ80

 皆さんにワークでは、鶴見の魅力を探してもらいましたが、なかなか苦労していますね。
 魅力を切り取る目を磨いていきたいものです。
 来週は、スポットを回る計画を立てます。
posted by shodaikun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会力基礎演習1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

観光マネジメント1 第10回

第10回目は、先週に引き続き第14章「旅の歴史編」の2回目で、「世界の旅の歴史」です。日本どころか、世界の旅の歴史を1回で済ますなんて、ものすごいことですが、ポイントだけ押さえましょう。

1.参照Web
大航海時代
マゼラン
グランドツアー(ウィキペディア)
蒸気機関車の歴史
アメリカン・エキスプレス社 トラベラーズチェック
スタットラー
ウォルドルフ=アストリアホテル(サイト)
80日間世界一周(映画)
80デイズ(映画)
タイタニック号(ウィキペディア)
クルーズの旅(JTB)
そしてお勧めの本です。
80日間世界一周(ジュール・ベルヌ)
トマス・クックの肖像(蛭川久康)
グランド・ツアー(本城靖久)
*歴史の話で、あまりよいサイトが見つからずに、ウィキが多いです。


2.配付資料
2015観光マネジメント1第10回(配布).pdf

3.ミニッツカード
はじめに質問です。
Q1:将来的には、世界だけでなく、「宇宙」も旅行対象になるのでしょうか。
A1:すでに「宇宙旅行」は、テーマになっています。以下ご覧下さい。
宇宙旅行時代の到来は近い
Q2:キリスト教もイスラム教も、なぜ聖地はエルサレムなのですか。こだわる理由があるのでしょうか。
A2:これは、以下のサイトがわかりやすいので、読んでみましょう。
 ・聖地とは(Sma STATION!)
Q3:アメリカを発見した人、誰でしたっけ?
A3:最初に発見したのは、コロンブスですが、新大陸と認識していたのは、アメリゴベスプッチです。
アメリゴ・ベスプッチ(大航海時代)
Q4:マゼランの世界一周は、全ての国に行ったのですが、それとも大まかに一周しただけですか。
A4:もちろん、全ての国など行けるはずもありません。もとから世界一周を目指したのではなく、西回り航路の発見でした。それが副産物として世界一周を成し遂げたのです。さらにトリビア風に言うと、実はマゼランは、世界一周を前に命を落とします。実際に成し遂げたのは、マゼランの船団でもあるのです。
・マゼランの世界一周

Q5:グランドツアーブームはなぜ、長く続いたのでしょうか。
A5:やはり当時の貴族の師弟にとって魅力的だったのだと思います。
Q6:オリンピック誕生の理由は何でしょうか。
A6:古代オリンピックと近代オリンピックとはは発祥が違います。上で紹介したサイトを見て下さい。
Q7:試験は、空欄に単語を埋める形で行いますか。不安です。期末試験は、15回目の授業実施ですか、試験期間ですか。
A7:試験は、15回目の授業で実施します。穴埋めもありますが、記述もあります。12,3回目の授業時に説明したいと思います。
Q8:スタットラーがどのようなホテルを作ったのか知りたいです。
A8:上記のスタットラーに関するサイトを読んでみて下さい。
Q9:現在だと、世界一周は何日ぐらいで出来るのでしょうか。
A9:交通手段に寄りますね。最も早いのは航空機でしょう。ただ、世界一周をするためには、乗り継ぎをする必要があります。今のところ、80時間あたりが最短でしょうか。以下を参考に。
世界一周堂
世界一周最短時間

Q10:パッケージツアーや団体旅行は、なぜ安くなるのでしょうか。
A10:簡単に言えば、事前にまとめ買いしてくれるので、安くしても利益が計算できるからです。以下を参考に。
パッケージツアーの基礎知識
Q11:トラベラーズチェックは廃止されたそうですが、日本だけでなく、海外全てですか。
A11:日本での販売は中止されますが、海外ではまだ使えます。これについては、期限は今のところ有効です。ただ、使えない店、TCもあるようです。
Q12:サーキュラーノートがよくわかりませんでした。
A12:これは、トラベラーズチェックの原型とも言われるもので、トーマスクックが考え出したホテルなどのクーポンの変形で、現金化出来るクーポンのようなものでした。詳しくは以下を。
トラベラーズチェックとクレジットカードの始まり
そして、コメントです。
C1:誰もやらなかったようなことを様々な人が行ってきたから、今他国に出かけられたり、観光ビジネスが成り立つんですね。日本の旅の歴史も勉強になりましたが、世界の土地や一周に向けては、もっと困難ですよね。マゼランやコロンブスは、やはり偉大です。
C2:80日間世界一周がとても面白かった。続きをぜひみたいです。本も読んでみたいです。80デイズが面白かったですが、オリジナルもしっかりと見たいです。
C3:トーマスクックって、本当にすごい人ですね。本当に観光産業の父です。
C4:今回も年表で学べたので、とてもわかりやすかったです。助かりました。
C5:観光を学べば学ぶほど、興味が出てきます。もっと深く学びたいと思います。
C6:世界史は好きではありませんでしたが、旅行に関連してこうやって学ぶととても興味深くて、面白かったです。
C7:今日の授業はとても面白かったです。私は、あらためて観光が好きなんだと思いました。
posted by shodaikun at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光マネジメント1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする