2014年12月23日

基礎演習U(1年入門ゼミ)第11回

1.今日の授業
 基礎演習Uの11回目、これでひとまず年内の授業は終了です。前回に引き続き、「地域ツアーを考えよう!」2回目でした。
 はじめに皆さんが持ってきたツアーパンフレットをもとに、各ツアーがどのような人たちを、どのような条件で募集しようとしているか、前回に引き続き「ペルソナ」という概念で考えてみました。
 楽しいツアーが題材なので、皆さんの意見交換も盛り上がっていましたね。
 そして、皆さんが撮影してきた「おすすめの店・スポット」について、紹介してもらいました。どこに魅力があるのか、何が特色なのか、そんなことを見つけ出すことも大事です。
 そして年末年始をはさみますが、グループでの現地のフィールドワークが課題として出されました。
 忙しい時期ですが、ぜひ街に出て、自分たちの目で見て考えてみましょう。

 <冬休みの課題>
・グループで3〜4箇所下見をしてくること
・「下見(したみ)」フィールドワークの  証拠写真をLINEにアップすること
・参加者全員で、そのスポットの特徴がわかるところでセルフィー撮影
・期限:今日の授業〜次回の授業まで
<確認事項>
確認1:下見フィールドワークの候補場所(3箇所)
確認2:下見ツアーに行く日
確認3:集合場所
確認4:回る順序
確認5:下見フィールドワークの記録メモの内容

 不明の点があれば、遠慮せずにLINEやメールで問い合わせて下さい。

2.授業の感想
C1:今回のテーマはツアープランについてでした。パンフレット紹介やオススメスポット紹介は結構盛り上がりましたが、フィールドワークについては、少しルート決めに苦戦しました。次回も、よろしくお願いします。
C2:お疲れ様です。今日は今年最後の基礎演習でした。前回やったツアー企画の続きで、今回は下見に出よう!ということで作業を進めました。まずは、持ってきた資料をグループ内で発表しあってそれぞれのペルソナを考えていきました。行ってきた店の魅力について熱く語りました(笑)。店の概要や、どんな顧客がいたかなど発表し合いました。友達が行ってきた場所は、自分とは違う良さがあったりして楽しかったです!(^-^)
最後に冬休みの課題としてフィールドワークのスケジュール決めをしました。自分達のグループは横浜の中華街を中心に活動をしてきます。楽しく協力して学んでこようと考えてます!いい情報をゲットできるといいです!頑張ります!(*´∀`)ノ
授業ありがとうございました!4月からお世話になりました!お疲れ様です。
授業でたくさん学び、自分のためになることばかりでした。宍戸教授の授業にぎやかでとっても楽しいです!楽しく学べるっていいですね〜(*´∀`)来年の授業も楽しみにしてます(^-^)
来年はもっといろんな経験を積み、挑戦をしていきます!
C3:色々なツアーを聞いて九州などに行ってみたいと思った。熱意を感じた。
C4:ツアー企画を進めていくために横浜や川崎周辺のことを少し調べてみたいと思う。
グループでまとまって下見にはいけないのが残念。
下見など時間がないとできないような課題は最低でも一か月前には伝えていただきたいと思いました。
C5:ツアーのパンフレットやチラシを見ると、対象の顧客層が明確に分かるものや、コンセプトにそった内容のものなど様々で面白いと思いました。
下見をする場所は、横浜に詳しくなく、有名な観光地になりましたが、しっかり見てこようと思います。

 ※皆さん、良いお年をお迎え下さい(^^)/
posted by shodaikun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎演習U(1年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

現代社会とビジネス(観光分野)第2回(貿観/商)

 観光ビジネスの2回目は、宿泊業について取り上げます。貿易・観光学科と商学科が終わり、経営情報学科の2回目です。この授業では、出席票とは別に毎回ミニッツカードを配布しています。各回1〜5点で評価します。

1.参照Web
旅館業法
旅館業法施行令
ホテルと旅館の数の変遷(厚生労働省)
横浜ホテル
築地ホテル館(中央区)
ホテルオークラ東京
ホテルニューオータニ
帝国ホテル東京
ホテル椿山荘東京←もと、フォーシーズンズ
ウェスティンホテル東京
パークハイアット東京
グランドプリンスホテル高輪
プリンスホテルのブランド戦略
ホテル日航東京
ディズニーホテルズ
ザ・リッツカールトン東京

 そしていくつかDVDを見ます。
1つは、ディズニーランドホテルの紹介。商学科では省略しました。
ヒカリノモリ(ホテルニューオータニ) →貿易・観光学科の回では忘れてしまい、見せられませんでした。

そして、ブライダルなどもホテルの商品の1つです。
ウェディングステージ(ハイアットリージェンシー)
最後のは、時間切れで見れませんでした。
ガイアの夜明け 外資系高級ホテルVS日本勢

 貿易・観光の時は、日本学生観光連盟の学生達がミニプレゼンをしてくれました。
 観光を学ぶ学生には、積極的に外に出て行って、多くの人に触れ、取り組んで欲しいものです。
 ・日本学生観光連盟
 商学科/経営情報学科の時には、プロモーション代わりに流しますね。

  世界遺産検定の受付は終了しました。(試験 12月12日(金) 16:20〜 本学)
 ・世界遺産検定



2.配付資料
2014現代社会とビジネス観光第2回(宿泊ビジネス)配布.pdf

3.ミニッツカード
(1)経営情報学科(12/17)
Q1:どうして旅館は人気がなくなってきているのでしょうか。
A1:スタイルの変化も大きいですね。団体旅行から個人旅行、食事付きでなく、自由に外でも食べたい、などなど。そして、旅館もこういうニーズに応えるよう努力をしています。
Q2:ホテルの従業員の仕事別の役割を知りたいです。
A2:いろいろありますが、以下など参考に見てください。
 ・ホテルの仕事
Q3:旅館とホテルの違いが、洋式・和式以外よくわかりません。
A3:厳密な定義ではないですが、旅行業の説明を参考に。
 ・ホテル・旅館・民宿の違い(るるぶ)
Q4:日本のホテルは、外資系のように海外に進出しないのですか。
A4:もちろんしていますよ。有名なホテルは、数は多くないですが、外国にもあります。
Q5:最古の日本旅館は、いつごろできたのでしょうか。
A5:おそらく諸説ありますし、残っているとは限りませんので、あくまでも参考までに。
 ・山梨県慶雲館
Q6:2020年のオリンピックに向けてホテルがたくさん出来るといいますが、終わった後は大丈夫なのでしょうか。
A6:いい質問ですね。まさにその通りです。そこで、オリンピック後にどう活用していくか、今から考えておくべきですね。
 そしてコメントです。
C1:授業は、説明もわかりやすく、写真やDVDなどビジュアルもあって、とても若江いやすいです。プリントも記入式でポイントが絞れます。
C2:○○でアルバイトをしています。先日、宍戸ゼミのOBOG会でご利用ありがとうございます。見せて頂いた動画など、ゼミ生ではありませんでしたが、とてもいいなと思いました。

(2)商学科(11/19)
Q1:結婚式は人生で1度きりですから、売り上げはあまり多くないのではないですか。
A1:人生に1回ですが、皆さんのニーズはありますし、1度きりゆえ、結構お金を使います。
Q2:ドアマン=ベルだと思っていましたが、違うんですね。一緒に出来るところ有りますか。
A2:小さいホテルや旅館などは、一人で何役もこなしますね。
Q3:ディズニーランドホテルのスイートは、なぜそんなに高いのですか。
A3:ディズニーホテルに限らず、スイートルームは、まず広く、室内の備品などが高級仕様で、お金がかかっています。
Q4:なぜ、一流のホテルはここまでのサービスやホスピタリティがあるのですか。
A4:それが商品の価値を決めているからです。
Q5:GMについて、詳しく知りたいです。
A5:以下を参考にしてください。
総支配人(ホテルスクール)
Q6:コンシェルジュは、絶対に断らないと聞きましたが、出来ないことを求められたらどうするのですか。
A6:断ると言うより、出来ることを探します。そして、無理なことでなく、かなえられる道を探るのです。
Q7:日本で最初に出来た横浜のホテルは今どうなっていますか。
A7:もちろん、ありません。以下を参考に。
横浜ホテルと築地ホテル館
Q8:なぜ「老舗」が人気なのでしょうか。サービスの質が違いますか。
A8:ホテルに限らず、伝統による質の高さやブランドが価値を作っていますね。
Q9:ホテルの宣伝は、ホームページ以外にはどのようにしますか。
A9:旅行会社に売り込みをかけて、販売してもらったり、新聞広告や、いろいろと手段はあります。
Q10:シティホテルで働くには、英語がしゃべれないと駄目ですか。
A10:絶対に駄目とはいいきれませんが、もちろん話せた方が良いですね。採用後に勉強することも出来るでしょうが、採用試験で一定のレベルを求められる場合もあります。
Q11:結婚式って、どのぐらいお金がかかりますか。
A11:地域にもよりますし、やり方にもよりますね。本当にお金をかけなければ、とても安く出来ます。もちろん、ホテルや式場を利用すれば、最低限のお金はかかりますが。
そしてコメントです。
C1:とてもわかりやすかったです。観光に興味がなかったですが、面白いと思いました。もっと勉強してみたいと思いました。
C2:商学科なので観光の道に進むことはないと思っていましたが、興味を持つことが出来ました。
C3:2020年オリンピックに向けて、観光やホテルに可能性があり、就職のチャンスなども増えることがわかりました。
C4:今日の授業でホテルを見る目が変わりました。今度利用する時にはビジネスの視点で考えてみたいです。
C5:最後に見たムービーは、どのような団体でしょうか。楽しそうでした。→上のサイトご覧下さい。

(3)貿易・観光学科(10/15)
 たくさんの質問や意見がありましたので、いくつか抜粋させてもらいます。
Q1:これから外国人が増えると「ムスリムフレンドリー」が重要だと思いますが、いかがでしょうか。
A1:いい着眼ですね。ちょっと触れられませんでしたが、ムスリムの理解も必要ですね。
ハラール・ムスリムフレンドリー
Q2:ホテルが出来るだけで、なぜその地域のブランド価値が上がるのですか。
A2:もちろんホテルだけでなく、多くの商業施設やエンターテイメント、ビジネス他、色々なものが影響を及ぼします。そして、そこに世界中のエグゼクティブが泊まることで、その街の価値が上がります。それは、地価にも影響しますし、口コミ他情報にも関わります。色々な要因があるのです。
Q3:オリンピックに向けて、ホテルだけでなく、旅館を増やすことはしないのですか。
A3:旅館は都市部でなく、地方に多いので、増えると言うことは簡単ではないかもしれませんが、和風のサービスに力を入れたり、地域の旅館が頑張って行くと言うことは必要です。
Q4:外国人が増えたり、オリンピックでホテルがたくさん出来ると思うのですが、利益や経済効果はきちんと出ていますか。出来すぎると価格競争も起こるのではないでしょうか。
A4:もちろんその通りです。ただ、現在はホテルが足りなくなってきているので価格は上がっています。オリンピック後にもそれを維持していけるかどうか、こんどはインバウンド誘致の役割ですね。そのために国や地域、ホテルも努力していくのです。
Q5:ホテルやブライダルで働きたいのですが、取っておく資格はありますか。
A5:ブライダル関係の資格もいくつかあります。またホテル関係の接遇もあります。もちろん、それらを持っていることもいいでしょう。でも、ホテルは、基本はやはり英語力。また、やはりコミュニケーション力や企画力など。その意味では、資格を取ること以上に、大学では色々な活動を通して、観光人材としてのスキルを磨いて欲しいですね。
Q6:ホテルが増加し、旅館が減っているというのは、外国人旅行者が増えたからなのか、顧客のニーズが変化したのですか。
A6:日本人の旅行のスタイルが変わったことがまず第一です。外国人の問題はそう大きくないでしょう。逆に外国人観光客が増えると、旅館にもチャンスがあるでしょう。
Q7:ネットで早く予約すると半額ぐらいにあると聞きますが、安く泊まれるのはなぜですか。
A7:宿に限らず、早割というのは、一定の数に限定されますが、早く予約を埋めたいという企業側のニーズにあります。航空券や最近では、レストランなどでもそうですね。詳しくは、この先の専門学習で。
Q8:50万もする部屋はなぜあんなに高いのですか。
A8:基本的に、いくつも部屋があり、広いです。つまり何部屋分も使うようなものですので、当然高いです。また、部屋の中にあるベッドや家具なども高価なものを使います。色々なサービスもあります。
そしてコメントです。
C1:ディズニーランドホテルに魅力がよくわかりました。人気の理由もそこにあるんですね。
C2:今日は、大まかにしかホテルの職種を学べなかったので、詳しく知りたいです。
C3:ホテルには、色々な役割や機能があり、1つの街のようですね。
C4:ホテルに興味があります。もっと経営や歴史など学びたいです。
C5:プリントもわかりやすく、ビジュアルもあって、とても理解しやすく、楽しい授業です。
C6:商大の観光が、歴史があることを知りませんでした。→日本で2番目に出来た観光系大学です。3年生の私の授業で詳しく取り上げますよ。
posted by shodaikun at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会とビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

基礎演習U(1年入門ゼミ)第10回

1.今日の学習内容
 今回から、最後のプロジェクトに入っていきます。テーマはずばり、「地域を題材にしたツアー企画を考える」です。
 でもその前に、前回のプロジェクト発表の表彰式!1位と2位のチームさんには、気持ちだけですがお菓子の景品を贈呈しました。
 本日は、ツアーの意味や観光のこと、そして地域ツアーを考えるグループワークをしました。 
 貿易・観光学科の学生以外も現代社会とビジネスで、4回ですが観光を学んでいます。その知識もぜひ活用してください。
 さて、次回迄に@3パターンのパンフレットを集める、A身近なおすすめの店などを撮影する、ことが課題となっています。忘れないでくださいね。
 そして、現代社会とビジネスのブログ記事も参考に。

2.コメント
 さて、今回の主なコメントです。
C1:今回のテーマはペルソナマーケティングを使ったツアープランの提案でした。
最初はペルソナBで考えていたのですが、相手も自分もデート経験がなく、行き詰まってしまいました。その後、ペルソナDに変えたら思いのほか話し合いが進み、何とか形になりました。
次回も、よろしくお願いします。お菓子、おいしく頂きました。
C2:お疲れ様です。今日は、「ツアー企画」というものが課題で、ツアーについて考えました。二人一組になって、ペルソナを考えました。自分のグループは二人とも静岡人で横浜のことがわからず、苦戦しました(笑)。でも、インターネットを活用するなど想像しながら仮説をたてていきました。ブレストしながら箇条書きをして、なんとかツアー企画らしいものができました。その人の立場になって考えると、いろんな案が浮かび上がって面白かったです。視点を変えてみることで、考えが変わるんだなと感じました!ツアー企画を作ることは簡単のようで、難しいですよね。お客さんにどれだけ楽しんでもらえるか、どれだけ満足していただけるのかが重要ですね!それから、時間やコストと考えなくてはなりません。まずは、自分が知るということですね(^-^)授業ありがとうございました!次回も頑張ります!\(^-^)/
C3:今回の授業では色んな人にむけたツアー?を考えました。
わたしは神奈川県出身じゃないので、考えるのが少し難しかったですが、その人にあったツアーを考えるのはとても楽しいな〜と思いました。
実際にツアーを考えるとなると時間や天候、金額などたくさん考えなきゃいけないと思いますが、一回はやってみたいなと思いました。
C4:今週は各設定に基づいてツアーの内容を考えました。
設定が決まっているということでツアー内容を考えるのが結構難しいなと感じました。
周りと内容が被ったりしていて個性的な案を出すのも大変でした。
授業も残り数回しかないので最後まで頑張ります。
C5:今週の授業は、いろんな人のペルソナを考えるというものでした。
ペルソナは前回の授業でもやったのですが、自分は苦手らしく、なかなか良い例えが思いつきませんでした。
でも、その人の具体的な人柄をしたらすらっと良いプランを考えることができました。
例えば、20代独身男性の趣味はサッカー観戦などです。
そして、ツアーを回るその人の立場になって考えることが必要だと思いました。
世の中にはいろんな人がいるから、さまざまなペルソナを考えることは大事なことなのですね(^^)
posted by shodaikun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎演習U(1年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。