2014年07月25日

基礎演習T(1年入門ゼミ)第14回

1.本日の内容
 本日は、14回目は前期の試験などを控えて、その対策やGPAなどを含む成績の予想を通して、しっかりと対策を立てるための取り組みを学びました。
 入学して初めての試験のためか、皆それぞれ不安もあるようですが、まずはしっかりと授業に出てきたか、課題には取り組んできたか、提出物や期末レポートはきちんと出せるか、そして期末試験対策をしっかりとすることが大事です。
 こうして、1つ1つ確認したことで、自信もつくでしょうし、足りない部分は、自覚して対策を立てることが出来ます。大学での学びは、自分でしっかりと計画を立てて、取り組むことが不可欠です。

 最後に、これまでの基礎ゼミの課題についても確認しました。未提出の人は、きちんと出して下さい。
 そして、来週は最後の授業なのですが、残念ながら私は出張のために、再び小林先生に代講をお願いしています。ぜひ、しっかりとね。
 そして、SAさんが、私の前期最後の授業と言うことで、記念撮影をしようと言ってくれました。
 本当にSAのお二人には授業のサポートで助けてもらいました。昼休みには、3回目のランチ会を開催してくれて、初めて参加者が出てきました、なんと11名が参加してくれたそうです。同時に、私との個人面談もありましたので、難しかったようですが、最後に楽しい会が出来たようで良かったです。LINEにはきちんと掲載されているのですが、ミニサイズでご紹介します。(一番下に貼ります)
 全員集合で、「S」マーク!。そしてランチ会。

2.本日のコメント
Aくん:前期最後の宍戸先生との講義にクラスのみんなと写真をとれてよかったです。
期末試験の予定の作成をしました。私は基本予定は手帳に記録してあります。
それは試験の予定も例外ではありません。なのでいつまでにレポートの提出か、試験の日程はいつかなど、時間をかけずに表を作成できました。
レポートの期日までの提出はもちろん、試験勉強もがんばりたいです。
前期をいい形で締めくくりたいです。また、次回で前期の講義は最後なのでしっかりと出席し良いまとめをしたいです。

Bさん:試験の日程や準備計画など、一目でわかる形にしておく事は大切だと思いました。今までは各授業の紙に書いていましたが、携帯電話のカレンダーや手帳などでまとめて記入する習慣をつけていきたいと思います。

Cさん:前回の授業では、改めて大学に入ってからの生活や授業への取り組み方を見直すことが出来て、とても良かったと思います。また、1日の生活の流れを考えることで、もっと有効に使える時間を見つけることが出来て良かったです!
そして授業後には最後のランチ会に参加させて頂き、SAの2人にゼミの話や試験の話から普段の大学生活の話まで楽しく話をしていただきました!

Dさん:今回の授業では一年を振り合えって単位の計算をしました。
自分に何が足りないのかを復習することができたので、今後どのように生活していけばいいのか分かったので良かったです。来週からテストも始まるので頑張っていきたいと思います。毎週授業に参加するのはもちろん、先生の話をしっかり聞いて単位だけでなく、成績も上位にいられるように頑張りたいと思います。

Fくん:暑い中お疲れ様です。今日は計画をたてるという作業でした!
計画をたてていくと、テストまでの残りの日にちが一目でわかりました。A+の単位を取得するには、どうすればよいか、何をどの時間でやればよいかなど計画をたてる。そうすることで、時間を無駄にせず、とても効率が良いなと感じました。計画をたてるのは中学以来だったので懐かしく感じました。時間が有効に活用できるので、これからも続けていきたいと思います。早速今日は図書館でもみっちり勉強出来ました!
 SAの先輩方とお昼のランチ会に参加させていただきました!率直にとても楽しかったです!進路の話や、夏休み、バイト、大学生活などたくさんお話しできました!楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました(笑) また是非やりたいですね♪
 宍戸教授は前期が今日までで少し寂しいですが、ありがとうございました!たくさん勉強になりました!授業がとても楽しかったです!

Gくん:以前はスケジュールをつけようとして挫折してしまったのですが、これからは予定をつけることになれなければならないと思いました。

Hくん:今回の授業は、スケジュール表づくりのようなもので、なかなか実践的で興味深い内容でした。
今まで漠然としていた予定が、タスクを意識することによってはっきり見える化できたのが驚きです。
とりあえず、テストが終わるまでの3週間、googleカレンダーを使ってスケジュール管理してみようと思います。宍戸先生、3ヶ月半社会人基礎力を教えていただきありがとうございました。semi1.jpgsemi2.jpg


posted by shodaikun at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎演習T(1年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

基礎演習T(1年入門ゼミ)第13回

 更新が遅くなりました。
1.本日の学習
 第13回目は、「ブレーンストーミングとKJ法で考える」をテーマにグループで意見交換し、よりよい意見を作り上げていくための方法について学びました。授業で触れたとおりですが、参考になるサイトを紹介しておきます。
 ・ブレーンストーミング
 ・KJ法

 この2つ以外にも実は色々な方法があります。大事なことは、このような方法をとることで、より活発に意見を出し、その意見をまとめていくことがしやすくなると言うことです。まずは、経験することで、コツがつかめてきます。
 今回は、「このクラスで夏休みに何をしたいか」というようなテーマでした。実現できると良いですね。

2.コメント
 皆さんからのコメント、今回は少なめでした。
Aさん:ブレインストーミングでは、無理だなどと考えずに自由な発想だったので、たくさんの意見が出ました。内容も様々で面白いと思いました。
また、付箋を貼ることで出た意見が一目でわかり、関連した意見も考えやすいと思いました。
Bくん:今回の授業は今までとは違い、旅行がテーマだったので面白かったです。
自分の夏休みの予定もついでにたてられちゃいました笑
いっぱい意見がある中で共通点を見つけていくのが今まで体験したことがなく、いい経験になりました。電車で会いましたね、また来週も楽しみにしています。
Cくん:今日はブレインストーミングとKJ法をつかって考えることを学びました!
意見やアイディアを広げ多く集まったら、それをまとめていくというように教わりました。拡散思考と収束思考ですね!友人と意見をだしあうことで新たな発見ができてとても面白かったです!個人の意見だけでなく、グループでやることで違う発想が浮かぶのでいいなと思いました。宍戸教授ありがとうございました!次回も楽しみにしています!
Dくん:この前はみんなで意見交換をして、みんなでやりたいことを増やしていくというとても楽しくみんなと仲良くなれてよかったです。
やはり、意見を否定するのではなく肯定することは人と人との繋がりを深める大事な事だと思いました。
Eくん:色々な意見がでて、ブレストは成功していた。しかし、それをグループごとにまとめるのが大変でした。もうすこしいいグループ分けができたらよかったと思います。
Fさん:今回の基礎演習では、グループワークをやりました。5人ということで今までのグループワークよりも人数が多かったので、たくさんの意見が聞けてよかったです。
ポストイットをつかって話し合いをするのが初めてだったのでとてもたのしかったです!!
最初に1つ意見をだすだけで、とても話が広がっていくことも分かりました。
Gさん:今週は、グループでブレインストーミングをして、一つのテーマで思いつくだけ
考えを出すことは難しいなと思い、久々にたくさん考えたなと感じました。
考えれば考えるほどいい案も出るんだなということも感じました。
Hくん:講義でやったことは楽しくできました。
2人組での話し合い、6人グループでの話し合い、互いの意見を聞き、相手が何を言いたいか頭で噛み砕いて理解するようにした。次回の講義も楽しんでやっていきたいです。

 個人面談がスタートしています。頑張って、35名とお話しします。
posted by shodaikun at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎演習T(1年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホスピタリティ人材育成論第14回

 今週は、この講義の総仕上げとして、人材育成の発展的内容「人材育成のパラダイムシフト(前半)」というテーマで学びました。来週は休講ですが、その代わりの補講を7/30(水)3時間目に実施します。

1.参照Web
 本日の学習は、理論的な話も多くて、少々難しかったかもしれません。参考までに以下をどうぞ。
・パラダイム(三省堂辞書サイト)
暗黙知(ウィキペディア)
形式知(ウィキペディア)
日本企業の得意技「暗黙知」を生かせ
マニュアル(ウィキペディア)
知識創造(SECIモデル)
暗黙知を共有化するコツ
OJT研修を考える
知識経営のすすめ (野中郁次郎ほか ちくま新書)
知識創造企業 (野中郁次郎ほか、東洋経済新報社)

そして、以下のDVDを紹介しました。
 ・カンブリア宮殿「生産者も幸せにする新・外食企業
 ・APカンパニー

2.配付資料
2014ホスピタリティ人材育成論第14回(配布).pdf

3.ミニッツカード 
 まずは質問です。
Q1:塚田農場ですが、2回目、3回目に来るとどのようなサービスになるのですか。
A1:名刺が、主任から課長や部長になり、そして無料で料理などが出てきます。それぞれです。
以下参考に。
 ・塚田農場のサービスがすごい
Q2:アルバイトでも積極的に、頑張れるのが不思議です。なぜですか?
A2:前にも学びましたが、お金のために働くのではなくて、「自分でやりたことができる」からでしょうね。ディズニーで学んだと思いますが、自分で考えて、いろいろなことが出来て、その反応を感じられるとやりがいがありますよね。エンパワーメントが鍵ですね。
そしてコメントです。
C1:形式知と暗黙知、とても勉強になりました。これからは、暗黙知にも注目したいです。
C2:何事も「学ぼう!」という強い意志が大事なのですね。憧れの先輩や目標を追いかけることで、成長できる気がします。見てまねることで、体がおぼえていくのですね。
C3:最低限の知識だけでなく、自分にしか出来ないこと、強みを持ちたいと思います。
C4:これからは、マニュアルでは身につかない暗黙知が重要なのだということがとても勉強になりました。SECIモデルの重要性がわかりました。
C5:今日の授業で、これまでもやもやしていたことが、すっきりしました。「形式知の教育だけでは限界がある」「暗黙知をどのように獲得していくのか」、とても面白くて興味がわきました。
C5:
posted by shodaikun at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ホスピタリティ人材育成論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。